つむぎ日記

2015年07月04日

ドイツ日記3

IMG_5308.JPG

ドイツで感じたこと。

雑草がいたるところに生えているんですが
それが自然で素敵だった。

街なみがどこへいっても美しいせいかなあ。

景観を損なうような看板や建物が全くないとはいえませんが
(peterとベアは 建物を指して アグリー アグリーと連発していたので。
アグリーは、ドイツ語で美しくない、とかそういう意味みたいだった)

日本のように 経済優先主義の好き放題ではないようでした。

自然に対する美意識が違うのか。
小さいころからの教育の違いなのでしょうか。

日本人も、もともと  美意識あると思うのですが
それを日本の 街全体、国が守っていないように感じましたよ。

草やお花の生え方、つき合い方を知っているのかな〜。

お友達の国の 見習うべきは、素直に見習いたいものです。

IMG_5465.JPG

柵やらレンガ組みなどしていない、植え込みの風景です。

こちらには、本当にむだな柵や看板がなくていい。
自己責任意識強い大人な国のように感じます。

日本は何かあるとすぐに信号機や柵を増やす国。
柵も景観を損なうものばかり。。。
景観コーディネーターはいないのでしょうね。

ドイツは高い建物もないので空が広いです。

ドイツのいいところばかりがどうしても目についてしまうので
今度は日本にいいところを探そうと思います。
posted by tsumugi at 11:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(c) tsumugi all rights reserved.