つむぎ日記

2023年01月09日

今年も2023春分始まりの暦、地球暦販売します

3A7684BE-12C0-45FF-B19B-474E1D81CD72.jpeg



F2DFD8AE-6650-4C77-9E77-10A8EAE45D05.jpeg

春分点は、
「宇宙元旦」とも言われています
太陽が赤道付近にまっすぐにあたり
世界のどこにいても真東から太陽が登る地点です
昼と夜のバランスが等しくなり
真東から太陽が登る特別な地点
春分を元旦とする春分始まりの暦 である 地球暦では
「宇宙船地球号」がようやく太陽の周りを無事に一周してきたなあと感慨深い心境にさせてくれます
ようは、わたしたちは地球人でいて
一つなんだなあという気持ちに・・

597EA1C6-FA81-4330-A1D7-78FC6416712F.jpeg
_
動いている感覚は私たちにはありませんが
時速1800kmで自転し(秒速では、500m)
地球は時速10万キロメートル、秒速30キロメートルで太陽の周りを公転しています
福岡から北九州小倉まで1秒で行くと思ったらすごいスピードですわずか何秒かで北海道くらいまで行くスピードですね
自転しながらすごい速さで公転し
長い長い道のりを旅してもとの位置に戻ってきます
元の場所、とはいっても太陽系自体もすごいスピードで銀河系を公転していますので
回りながら回っていて回りながら進んでいるように見えて回っているということになります^^;

6658DAF7-33DA-46D8-9217-D982D6102EA6.jpeg

「時間とは 一度しか咲かない美しい花である」
ミヒャエルエンデ のモモの一節にある印象深い言葉です
モモは、時間泥棒と盗まれた時間を人間に取り返してくれた女の子の物語。
「時間を測るには カレンダーや時計がありますが、はかっってみたところであまり意味はありません。
というのも 誰もが知っているように その時間にどんなことがあったかによって
わずか一時間でも 永遠の長さに感じられることもあれば
ほんの一瞬のように感じられることもあるでしょう
なぜなら時間とは、生きるということそのものだからです
そして、人のいのちは こころをすみかとしているからです」
「時間というのはね、 人間一人一人の胸の中にあるものを
極めて不完全ながらも真似て象ったものなのだと .光を見るのに目があるように
音を聴くために耳があるのとおんなじように
人間には時間を感じ取るために心というものがある
そして、もし その心が時間を感じとらないようになった時には
その時間は、ないも同じだと。」
...
F018525D-108A-4C17-8DD5-65606AA49A05.jpeg

時間とは何か________
地球暦の創始者、杉山開知さんのお話しの一部を書きとめてみました↓
「過去だけが未来を決めるわけではなく 未来も過去を決めている。
だから、それを自分で決められる人になる 、ということが大切だと。

特殊相対性理論によれば、 世界は伸びたり縮んだりする. この宇宙には絶対時間というものは存在しない・・・
けれども、私たちはいつも時間を感じながら生きています.
幸せな時間、素敵な時間、楽しい時間、切ない時間、苦しい時間・・・
その時間は機械時計で測ることはできますが、
機械で測る時間と あなたが感じている時間の長さはぴったりと一致することはないのです
過去のことを思い出しているのは、今である
これから先のことを考えているのも今であり 過去も未来もここにはないのです
今あるのは今だけ
生まれる前のことはわからない. 終焉を迎えた後のこともわからない
さらに言えば、生まれる瞬間のことも、終焉を迎える瞬間のことも 残念ながら霧の中。
だとすれば、わたしたちの人生は いつ始まり、いつ終わるのか
機械時計で生存時間を示すことはできても その瞬間は分かりません
わかっているのは今、この瞬間 ただ、今しかないのです
そして、生きている限り、 今、今、今の連続なのです

ですから
生きているということは 今ということに常に向かい続ける ということ
人生の始まりも終わりも、その瞬間さえ分からないのであれば、人にとっては 人生の長さを測ることはできない
極端な言い方をすれば全ての人にとって
人生の長さは同じだと言っていいのかもしれない
そして、細胞という物質が 時を刻むということが 生きているという証(あかし)なのだから
生きることが時間だということになります

結論としては、
私たちは命をもっているということに帰結します
いきものが 感じている時間と 物理学でいう時間とは 別物です
時計やカレンダーは、何周回っても 同じような文字盤と数字の羅列のコピー&ペーストですけれど
私たちにとっては 一年も、1日も、二度となく、それは 確実に去年とは昨日とは違う心象風景を描いています.
科学の世界で使う時間は 、繰り返し 現象を物差しにして
空間の変化を刻みながら記録するための一つの手段なのです
一方私たちが感じている時間は 文字どおり生きているという事実を通して
作り上げている ものなのです
そういった意味からしたら 時間というはっきりとしたものが存在するわけではありません
それは、美しい夢とかあるいは、幻想といってもいいのかもしれない
その 幻想の暦の一枚一枚、ページを作り上げて一枚一枚めくっていることが生きているということなのだと・・・

あなたは確かにここにいて 三次元を生きています
あなたがどう生きようと思っているかによって
これからの人生は、どのようにでもなる、ということなのです
つまり、
これからの時間は全てあなた自身のものなのですから・・・
本当にこれからが、これまでを決める ということになります」
・・・・・・
少し違う部分があるかもわかりませんが
地球暦創始者の杉山開知さんの言葉でした^^
今、必要な視点なのではないかなと思い紹介させていただきました

B5C0B878-157C-4A49-9380-1958C2925A20.jpeg

さて、
本題ですが^^
今 地球暦 を販売しています⭐︎

今回のは前回のに比べてかなりスペシャルです!
愛すべき付録も 壁に貼りやすいように設計されています
(以前は、裏をコピーしたりして貼っていました.いつでも目にとまるように)
自分が大好きな、朔弦望と二十四節気と雑節も入っています
宇宙的な捉え方が出来る、大きな意味での暦というか、位置を指し示す地図。
日々はかけがえのない一瞬一瞬であり時間と空間を広く捉えることのできる全く新しい、それでいて 根本的な唯一無二の暦.
世界で通じる暦.
今、必要な暦なのではないかな.
そんな意味での取り扱いとなっています〜⭐︎

簡単に言えば・・・
・春分始まりです(宇宙元旦)
・人類の目に見えない領域をうまくつつかれるようなかゆいところに手が届くような、地球暦
・自分自身の内面に向き合える(ワークシートのように自分のリズムや気になったことなどを書き込める )
・地球とか、宇宙とか、惑星の配列だったり月の満ち欠けだったり関わりの中で生きていける
・本来の時間をとりもどす^^
・ただただシンプルな暦
・太陽の周りを回っているだけ どこの位置か、を翻訳している
・どういうふうに使うのか人それぞれの使い方がある
・一年が一枚の紙に描かれている円形のカレンダー
・惑星配置がわかる
・月のリズムもわかる
・24節気を(ニジュウシセッキ)感じられる 自然のリズム感じる
・一兆分の1の縮尺
・ 旧暦も書いてある、24節気、月の動き、満月新月
シンクロおきやすいです


1月17、18、19日 博多御供所町12−2 つむぎにて取り扱いしています⭐︎
17日の野の喫茶 の詳しくはこちら↓
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/496320729.html

受け渡し希望の方は
お名前、お電話番号、個数や内容、いつ取りに来れるか日時などをお書き添えの上ご連絡くださいね〜
info@tsumugi-hana.com まで

受け渡しは 西区金武のnonokusaでもできますし、個数をまとめていただければ配達もできます^^ 春分始まりです

@地球暦 3900円
今回の内容
地球暦二枚 +二十四節気 と雑節、朔弦望、暦譜、惑星会合一覧、ワークシート一枚

A惑星ピン700円

B月めくり地球暦 3300円
新たに作られた開知さん自信作です
1月22日和暦元旦始まりです

Cワークシート五枚入り800円

おすすめの動画のリンクもありますよ〜
ぜひご覧ください 自分は、説明があまり上手ではありません^^;下手なりに説明はしています^^
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/477437664.html

・・・・・・・・・・・・
配送をご希望の方は
ご住所 郵便番号 お電話番号、内容、個数などお書きください
着払いになります
こちらからお求めの方には
野草宙、のの艸的な説明書きと 野草宙リーフレットをおつけします^^地球暦のイベントなどあれば優先的にお知らせいたします
ただ配送に
時間かかると思いますのでゆったり待てる方はぜひ.⭐︎.
配送だしに関しての詳しくはこちらをご覧ください

http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485330212.html


C6F3C5A7-E063-4B64-B8CF-399740BEDBD5.jpeg

簡単に言えば、ただただ美しい暦です

お急ぎの方は、地球暦のホームページをご覧ください⭐︎



-
posted by tsumugi at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月07日

おわりのはじまり 2023

CE889B19-FDB5-474A-85EB-2F18F8E29146.jpeg

あけましておめでとうございます

師走満月日
つむぎからのお知らせがあります

2005年に御供所町につむぎをオープンしてから、丸17年と少しが経ちます
そこで続けていたつむぎが終わることになりました
旧暦でいうところの
師走 をもって
あの場所、空間はさいごになります。

じょじょに
西区のnonokusaの方に移行しようと思っていますが
そちらは ゆっくりと改装したりすることになると思います。

草花喫茶は今までと変わらず続けていこうと思っていますし、御供所町つむぎあとは、果日仲間の山田さんが借りることになりますので きっと素敵な空間になると思います

話によっては時々使わせてもらったり
そこでも変わらず草花喫茶など、できることになるかもしれません^^
なので、変わるところもあり、変わらぬところもあり、、
もしかしたら
いろんなところでさせてもらえるかもしれませんし、
ゆくゆくは 西のnonokusaの方でもやっていけたらいいなって思っています

束ねたり生けたり、装飾したり 販売したりと
御供所町のあの場所からは離れても つづけて
やっていきます。

西の nonokusaでもノノクサ会や野草塾、やそうそら草の会、野の喫茶などを やっていきますし
新たに しぜん菜園塾もはじまります
草花の会もはじめたいなと思っています

79880BC6-578C-455A-9A57-A8DC4256EBD8.jpeg

48CCFD06-DB7C-467F-A109-632E6AC5B8B4.jpeg

長いことやってきたので
さみしい気持ちもありますが
よきようになっていくのだろうなと 感じています
昨年の晩秋にきっかけがあり急に決めました
ものごとの流れが早いように感じています

8802E8F0-4122-48E6-A564-8C0EAE643C04.jpeg

17年続けてきたつむぎは、いったん終わりにしますが、
足元の野の草の摘み茶の活動を「野草宙」として
植物を育んだり、束ねたり、生けたり 装飾したりなど
植物全体の活動として今後は「のの艸」として活動していきます

75D69FEC-803F-4158-B5C5-7D94CEE543A4.jpeg

1月17日に 御供所町 にて 引越し作業などしながら
野の喫茶をしようと思っています
午後1時から7時まで
地球暦、草花販売します
宙茶もお出しします
あと、花瓶などのsaleもいたします
お席については 予約制にしようと思っています
一時間ごとで お茶、菓子と草花のセットで2200円です。
アヤメさんの菓子付きです。販売もあります。
アヤメのおはぎニコニコセット400円です

予約受付は、メールにてお願いします
件名に 「1月17日野の喫茶 の予約」と書いてください
(メールが届かない場合はインスタグラムのメッセージでもいいのですが 気づかなかったり返信が遅くなったりすることがあるかもしれません )
フルネーム、電話番号と内容を記入ください

DC2E8E48-A7B4-4B09-8529-D5E1B0D4F506.jpeg

お引越し最中のため、がらんとしていると思います・・
地球暦や草花、菓子受け取りだけでも
sale見に、顔見に来るだけでも、
久しぶりの方もはじめての方もどうぞお気軽にお越しください

あと、18日に小さくないおはなし会
19日に 御供所町のつむぎの空間を 使ってくださっていた
摘草さんとtuduruさんとも 蚤の市?のようなものができたらいいなって思っています
こちらはまだはっきりしていないのではっきりしましたら インスタグラムにて案内させてください

4A66573D-7510-431B-8731-97E6A8D6D3D0.jpeg
1
7年つむぎを御供所町で 続けてこれたこと
感謝しています
つむぎ日記を読んでくださっている方には
ほんとうにありがとうございました

これからは「 のの艸日記」として 季節と植物、自分の気持ちなども織り交ぜて綴っていけたらと思っています
そちらの案内を今後希望される方は、 「のの艸便り案内希望」と書いてメッセージくださいね
info@tsumugi-hana.com

今後ともどうぞよろしくお願いします
posted by tsumugi at 18:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月13日

草花喫茶冬至 12月23日のご案内です

8E5DB157-7E93-4295-918B-9F8E24E443D6.jpeg

来月12月の草花喫茶は冬至の頃
12月23日です
宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花、菓子 予約始まりました

0A3AF727-8B8D-408B-9EAF-40C13D80D2BE.jpeg

77CE6720-0654-4E3E-A083-FA9C6FF8B5ED.jpeg

オープン時間はいつもの通り 12時から19時まで。
場所は、tsumugiにて
(博多区御供所町12−2 )
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に。

A9CCE93C-A51D-446E-ABAF-9A8B0B03D66C.jpeg

小さなおはなし茶会は12時、13時、14時、15時、16時、17時、18時〜
小さな喫茶席は12時半、13時半、14時半、15時半、16時半、17時半18時半 をご予約できます
草花喫茶の詳しい案内は
お手数ですが、はじめての方は
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです

D5BA1C5D-2565-4EBF-BC55-E75673BFA897.jpeg

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます

A6524A1A-058C-4737-ACEE-D080A2F6245A.jpeg

お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-hana.コム (com) まで( 繋がらない場合DMでもどうぞ。)

48C0589B-A73C-4C0C-9B9C-C757B98ACD3F.jpeg

椿野恵里子さんのカレンダー販売しています
安部太一さんの花のうつわも後一つとなりました
とっても素敵なものが一つのこっていますよ
ヒヤシンスの球根なども載せられるタイプです。

A9D1D406-471C-4F7D-8A51-72B0544B3ED7.jpeg

あと
地球暦(春分始まりのカレンダー)も 少し早いですが
今回は12月21、22、23日販売していますのでご予約お待ちしています

3EADB4BA-4187-4A8F-A92A-874576E40076.jpeg

果日は21日です。こちらも予約受け付けております↓
いつもすばらしいコラボレーションです
ゆったりした予約制の喫茶。 珈琲、菓子、食材への愛とこだわりを語ります。
ご予約はこちらDMでどうぞ。

8E82A62D-E36E-4ABF-8CF2-CF97E94711C6.jpeg

つむぎ包みにしてほしいかたはおっしゃってくださいね

4E2C9E18-954F-4F4F-95C2-A17E02207249.jpeg

36A4726C-60A9-4BD5-B51B-8B864E50AEA1.jpeg

242D5601-1EEA-4DCE-80A3-08696A94F575.jpeg

F6AA9D26-9B38-4DD3-BCE5-3EC89DE45373.jpeg

12月の宙茶、果野菓も楽しみにしています

posted by tsumugi at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月14日

草花喫茶 11月のご案内です

EF6B91B4-CFE1-4D2F-91D1-9FB69274399B.jpeg

来月の草花喫茶小寒 11月25日です
宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花、菓子 予約始まりました

オープン時間はいつもの通り 12時から19時まで。
場所は、tsumugiにて
(博多区御供所町12−2 )
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に。

F30AAB80-FB15-462F-B102-DED4C6CA1ADD.jpeg

小さなおはなし茶会は12時、13時、14時、15時、16時、17時、18時〜
小さな喫茶席は12時半、13時半、14時半、15時半、16時半、17時半18時半 をご予約できます

91BBDAC2-FA13-4BBB-B8B6-47B39C67958F.jpeg

草花喫茶の詳しい案内は
お手数ですが、はじめての方は
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです

15841146-97EE-4D0D-AE9E-3EC71AF3B105.jpeg

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます

D4B11D12-A02A-4D3A-89EC-DA4EA3E88D73.jpeg

余韵さんの秋の果野菓も楽しみですね。
つむぎの草花、玄道のおはなしと宙茶もおたのしみに〜・
お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-hana.コム (com) まで( 繋がらない場合DMでもどうぞ。)

EC34BE47-0A33-4B72-9CB8-4B3390820D1C.jpeg

果日は27日です。こちらも予約受け付けております
いつもすばらしいコラボレーションです
ゆったりした予約制の喫茶。 珈琲、菓子、食材への愛とこだわりを語ります。
ご予約はインスタグラム果日のDMでどうぞ。

2667383E-2B40-42EF-BFE1-CD1AB063AB34.jpeg

季節季節の節目に
こうしてお店を開けられること
うれしく思っています

C19602DF-05CB-4046-AE4B-501284CB3A27.jpeg

10月30日には椿野恵理子さんと一緒にお店を開けますのでこちらもどうぞお楽しみに。
予約席は、満席となりましたが、30日は13時から14時、17時から18時にどなたでもお越しください
カレンダー、ポストカード、草木束、予約も承っております
安部太一さんの花器もありますのでお楽しみに。

FECDA25E-12D6-484B-9613-D5F3C09E90DD.jpeg

1BC4709A-26CD-4097-8145-93E69C937F2C.jpeg

2C31629F-0A99-423B-A20F-C6495BBC3D5C.jpeg

11月下旬、小寒の時期の草木たちとお待ちしています。

いつもありがとうございます。
posted by tsumugi at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

10月30日野の喫茶のご案内です

1424EA2E-80FE-41A0-9532-51EF2F470516.jpeg

10月30日(日)のお知らせです

秋も深まりゆく中
椿野恵里子さんと
「野の喫茶」を
オープンいたします

今回の 野の喫茶は、いつもと趣向をかえています・・

朝、3人で草摘みに出かけ、
山の畑で採取した草木を 摘み活け、摘み 束ね、
茶をつくり、みなさまをお迎えいたします

そして朝摘みした草木で店内を彩り、
束ねた草木を販売いたします

14B2ED09-B25E-4727-B08E-30B32E3EDD77.jpeg

椿野恵里子さんは、
島根県松江市に拠点を持ち
植物の写真家であり
日々の暮らしに寄り添う植物と果実の今を切り取った
カレンダーとポストカードを作られています。

季節の空気感が伝わる写真と
恵里子さんならではの 文章が綴られています。
季節の草花束も作られていたり草編みをされたり植物装飾をしたり畑をしていたり。
自分と共通な部分もあり、草話が尽きません

夏のはじまりに
遊びに来てくれたとき、力芝で編まれた素敵な帽子をかぶられていました☺︎

そこで29日に一日ゆっくりみんなで草と戯れる時間
をつくりました
この日は満席になりましたが、(キャンセル待ちも受付中です)
30日にも、少しでもエッセンスを受けとれるような時間を作れたらと思い
そんな気持ちも込めて
短い時間ではありますが、
野の喫茶、オープンいたします
今回予約できる時間と、自由にお越しいただける時間を分けております

1日限りになりますが、どなたでもご予約いただけます。安部太一さんの花入れも
販売できることになりそうです
(また詳細は後日お知らせいたします)

朝から山に入るので、オープン時間は、少し遅めの13時からとなります
そしてクローズは、18時になります
13時〜14時 、17時〜18時の間はどなたでもお越しいただけます

14時から17時は予約制となります
@14時〜15時、A15時〜16時、B16時〜17時・・予約制(6名)となります 4400yen(税込)
力芝などの稲科の植物での編み方などを伝授いただきます
短い時間なので簡単にできるものを、と考えています 。
一度覚えていただくと 応用ができるようなもの それで帽子や花入、敷物などにどうつながっていくのか、などもお話いただけると思います。
そして 今回は、アヤメさんに 秋の菓子をご用意していただけることになりました
宙茶とアヤメさんの菓子も 楽しんでいただきます。
(栗入りどら焼きと豆花予定)

756FF9FE-278F-4FCF-B4EF-83C89F484F12.jpeg

販売予定
・草木束 3300yen(税込)
・カレンダー2023・ 1980yen (税込)
・ポストカード165yen(税込)、ポストカードはセットもあります 1980yen(税込)
(*贈りもの用にお包みすることもできます*要事前予約)
・アヤメさんのお菓子 どら焼き、パイナップルケーキ、おはぎなど(予定)
・宙茶
・安部太一さんの花入れ (詳細)

お席を予約の方も、そうでない方もこちらは
ご予約できます

CD0CD08B-9155-4450-8796-F26C45A2DA86.jpeg

ご予約はDMまたは、メールにて
承ります⭐︎
ご予約、ご来店お待ちしています^^



追記9月28日 満席になりました ありがとうございます
キャンセル待ち受け付けています。
・13時から14時、17時から18時は予約なしで どなたでも 来店いただけます
おやつや、草木束 、カレンダー、ポストカードセットの予約は受け付けていますので
ご連絡くださいね。





posted by tsumugi at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月17日

草花喫茶九月、その他のご案内です

8304564C-FAF4-4E28-B332-B44E600B2EF3.jpeg

山笠も終わり本格的な夏がやってきました
おいさ、と
山が通り過ぎて蝉が一気に鳴き始めたような気がします
山笠週間に、のの喫茶と草花喫茶を終え
まだイベントもいくつかありますが
山が通り過ぎて心が少し落ち着き、体も心も夏仕様になったような気がしています
さて、案内をさせていただきますね。

FFC0C4BE-4327-43CD-A4C2-2F352BD7A441.jpeg
・・・・・
1・「草花喫茶秋分」(9月25日)の案内をさせていただきますね。

宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花、菓子 予約お待ちしています
オープン時間はいつもの通り 12時から19時までです
場所は、tsumugiにて (博多区御供所町12−2 ハコシマさんお隣です)
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に・・・

5349564A-6860-485B-9523-CB542B5AF80C.jpeg

草花喫茶のより詳しい案内はこちらとなります↓
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
お手数ですが、はじめてお越しの方は、
ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです
(長くてすみません・・)

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます

3DEFF06D-3F59-4FA3-986D-899A10CDF7B9.jpeg

余韵の果野菓、つむぎの草花、玄道のおはなしもおたのしみに〜・
お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-花.com お願いします☺︎
(花は、hanaに変えてください.最近別のリンクにつながってしまうのでこのような表記ですみません)インスタのメッセージも使えますが、表示が分かりにくくて返事が遅かったり返事できなくなったりしています^^返事がないときは催促お願いしますね^^)
・・・・・・・・・・
3EE31BA4-EB3C-43F1-82DF-119551987271.jpeg
あと、いつも紙袋や麻紐などをお持ちくださり本当にありがとうございます。
大変助かっております。 後、新聞紙も持ってきてくださってありがとうございます。新聞紙、かなり助かっております。


2・ノノクサ会にて 三日月キッチンのideramamiさんをお招きし、野菜カレーの会をしようと思っています
西のnonokusaにて。 その時に小さな蚤の市もしようかと。
花瓶やら鉢やら椅子やら。。その他ガラクタなど。
あまり捨てられない性格なのですが、循環させていきたいなと。。。
・・なんか気になる、という方はご連絡ください。。

D102B629-E4F4-452B-914C-E4653ECE9EC5.jpeg

3・果日は9月27日(火曜日)に決まりました
ゆっくりゆっくりと熟していく果日。
流れるゆったりとした時間と こだわりの食材への愛について語るみんな。
ここにしかない時間を楽しんでいただけたらと思います。
ご予約は。果日インスタグラムDMまでお願いします。
https://instagram.com/kajitsu__?igshid=YmMyMTA2M2Y=
いつもすばらしいコラボレーションです
予約制の喫茶になります

6CDCB62F-65D3-4B03-8D24-B1E22F97F76C.jpeg
・・・・
・・・・・・・・・・・
4・夏もちょこちょことつむぎ畑の草花の受け渡しをさせていただこうと思っています
インスタグラムにてお知らせいたしますね
西のアトリエnonokusaでも日程によりますが、花咲くときに
受け渡しさせていただいております。今は、紫陽花の色が秋色に変化して美しいです。
そのまま綺麗にドライになると思います。そうしたら、秋にリースなどもお作りできるかと。
わたしも紫陽花で季の輪を作ろうと思っています

6B196C49-69A2-45AD-8B2B-06E23CE6E8AC.jpeg
・・・・・・・

5・9月の穂高養生園でのワークショップは、あと 男性一名様のみ(一部屋二名)入れるようです。もしよかったらご検討ください。

B5E244A9-99A2-41B7-AD7E-CBD7FF16B63D.jpeg

6・ soilmag vol2 発売されました。 そちら5ページ 文章を寄稿いたしました。
よかったらお手にとってくださいね。 小さな自給カタログというタイトルで、他の記事もとてもよくって保存版だと思います。

0C83092B-5D82-4596-B7BF-B82B574D2E0E.jpeg

7・先日の、のの喫茶は、自家製豆乳ヨーグルトや スムージーなど熱をとるものと
ひとりひとりに選んでいただいたお茶をご用意しました。
実験的なのでどんどん変化していく予定です。 また開催しますのでお楽しみに。。

90A56E17-CE43-46ED-BE35-F64608789D39.jpeg

96B47BD9-3B29-4E35-A39D-952DD33E865C.jpeg

ECA2D0F8-ADA5-4258-85E9-CDAC3260E329.jpeg

それではみなさんよき 夏をお過ごしください
つむぎ日記を読んでくださってありがとうございます。

EAF6AC85-604F-4C80-807D-EBD39260096D.jpeg

posted by tsumugi at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

7月のご案内です

95863925-5069-43E6-A1D5-50554D9F7D20.jpeg

皐月満月

芒種を迎え て夏至へと向かっています
植物も生きものたちも 人もエネルギーに満ちあふれていくころ
枇杷の実り、梅、桑の実、紫陽花にふわふわのお花たちで賑やかな日々。

F96B397E-B1DF-494C-BBC4-31C83B33E74F.jpeg

今年は梅が少なくてお友達からのお裾分けをいただき、つむぎ畑の日本蜜蜂の蜂蜜といただいた蜂蜜で蜂蜜梅を作りました。
枇杷も昨年が豊作だったからか、今年は少ない実りとなりました。
さみしいながら、種貯金はコツコツしています☺︎
みなさまも、貴重な種を捨てないように食べていただけたらと思います^^

9DF86AC9-1BE7-4A8A-A491-4BF14899CDD3.jpeg

桑は、少し実りました〜。桑が大好きで、早速桑酵素に。 色が綺麗で美味しいし、素晴らしい薬効もありますし、おすすめの樹木です。

E1333724-24B2-42F5-B5C2-732FBE46D019.jpeg

蛍も見れました。
アトリエの前の土地の木が昨年 全て切られてしまって、
今年はおうちで の 蛍が見られるか心配でしたが、
かなり減ったとはいえ、何匹かみることが出来ました。

そして、もうすぐ田植えです。
今年は、おともだちの田植えのお手伝いができることになりました。
色々と忙しくなっていますが、
植物しごとも無理ない感じでしようと思っています
できなかったら買おうと思っていますが、やっぱり自分で手をかけると楽しいものです。
・・
45F39BD6-4B6F-40D2-8A7E-362974E2FC8D.jpeg・・・

さて、いろいろなご案内です

1・「草花喫茶」(7月16日)の案内をさせていただきますね。
宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花、菓子 予約お待ちしています
オープン時間はいつもの通り 12時から19時までです
場所は、tsumugiにて (博多区御供所町12−2 ハコシマさんお隣です)
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に。

草花喫茶のより詳しい案内はこちらとなります↓
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
お手数ですが、はじめてお越しの方は、
ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです
長くてすみません・・

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます

余韵の果野菓、つむぎの草花、玄道のおはなしもおたのしみに〜・
お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-花.com お願いします☺︎
(花は、hanaに変えてください.最近別のリンクにつながってしまうのでこんな表記ですみません)インスタのメッセージも使えますが、表示が分かりにくくて返事が遅かったり返事できなくなったりしています^^返事がないときは催促お願いしますね^^)

530EB09C-3B23-448D-835D-6AEE54840D3B.jpeg

2・3回目の「のの喫茶」は、7月12日にしようと思っています(予定)
久しぶりの山笠。6月1日から山笠の男衆がねり歩いています。
マスク姿の男衆ははじまって以来なのではないでしょうか・
本来山笠は、疫病退散のお祭りです。
お祭りというのは、とても大切で、地に代々伝わる魂のようなもの。
久しぶりの山笠で、マスクをつけること、前のように集まれない、などの制約について、男衆のひとりひとり、様々な思いもあるでしょうけれど、それでも開催が決まって嬉しいですし、みんなで応援したいと思います。ぜひ、よろしくお願いします。
また決まりましたら インスタグラムにて告知いたします。
6月ののの喫茶はいろんな植物 茶葉をひとりひとり選んでもらってオリジナルのお茶を作ったりみんなでゆったりしたひと時を過ごしました。スムージーも初お出ししました。
初めてでしたが みなさま美味しいと言っていただけました☺︎
予約はとっておらずなのでふらっとお越しください。
草花は予約できます。 予約していただけると 嬉しいです。

863B00C4-F21C-4BF0-AB57-37FF80790D2F.jpeg

3・果日は7月18日に決まりました
ゆっくりゆっくりと熟していく果日。流れるゆったりとした時間と こだわりの食材への愛について語るみんな。ここにしかない時間を楽しんでいただけたらと思います。
ご予約は。果日インスタグラムDMまでお願いします。
https://instagram.com/kajitsu__?igshid=YmMyMTA2M2Y=
いつもすばらしいコラボレーションです
予約制の喫茶になります
・・・・・・・・・・・
CB613AD4-B400-4031-A99A-1D9EBA450AA4.jpeg
・・・・
4・ちょこちょことつむぎ畑の草花の受け渡しをさせていただきます。
博多御供所町では、15日、16日(草花喫茶)
12日(野の喫茶予定)
西のアトリエnonokusaでも日程によりますが、花咲くときに
受け渡しさせていただいております。

D3F65C4E-EFEA-41C2-B132-EBE1CD4A2AEC.jpeg

5・霧島から真菰を仕入れていますので予約されたい方はご連絡ください。
一株500円から1300円くらいになるかと思います。
(ものによって値段が変わります。もし、予算に合わなかったときは、予約しててもキャンセル大丈夫ですよ☺︎)
真菰は素晴らしい草です。
家庭にひと鉢あれば助けになることでしょう。
霧島で自然栽培をされているともみさんとタケシさんの畑は、今まで見た中でもかなり
エネルギー高かったように思います。
土地柄もあると思いますし、お二人の人柄も 本当に素晴らしいです。
けせん(肉桂)と桑の葉っぱもあります。こちらも予約のみになるかと思います。
希望されてても数が少ないのでお渡しできれば、、という形になります。
真菰とは、
1億年前の化石から見つかったこともあるらしく
縄文の人びとも食べていたと言われており
一つ前のブログで書いていますので、(下の方)読んでいただけたらと思います!
「神の草」とも言われていて。
すごく美味しくて薬効も素晴らしいのです。
ずっと育てたいなあと思いながらも 水辺でしか育たないので
手をつけていませんでしたがバケツなどでも育てられるとか。(穴を開けた方がいいです。水気が好きなので水やりをしっかりやるのがコツです。
ちらほらと、真菰の素晴らしさに気づいた人が
育て始めていたりしていて
同時多発的に 日本全国で真菰を育て始めた人がたくさんいて、
そのおかげで手に入りやすくなりました。

07539CF2-061B-4864-A33B-C1008BFD56E6.jpeg

そして、なんと八升豆の苗も手に入りました⭐︎
欲しいと思っていたらご縁がつながりました。

F964E54E-9D60-4505-AF09-67EAA0391C38.jpeg

今年は今までで1番植えましたが 、八升豆も素晴らしいです。
八升豆のことは、野草宙インスタグラムにしるしていますのでご覧ください
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwiHubX9rKv4AhVBIaYKHevXAEkQFnoECAMQAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fyasousora%2F&usg=AOvVaw0zVrWvqNpwxCF4Epg9ZyjV

2CC56C43-0C89-4BCB-9D91-A30AA0A8FFA2.jpeg

6・7月24日に
環境活動家、松本英揮さんをお迎えしてお話し会をいたします。
自転車で地球を6周された本物のつわものです。なんと、、還暦すぎています。
宮崎から自転車で、福岡へ来られます。
日本全国も自転車漕いでお話し会にまわられています。 今回は、みなで話になってわいわいと お話しします。
アヤメさんにご飯か菓子を頼みますのでお楽しみに。
期せずして、2000回講演(24年間)という大切な日の つむぎでのお話し会を最後に

英揮さんは、新月に木を切って家を作られるのでこうした活動は、いっときお休みです。

09BAEBDD-39F6-4CC6-899A-D2125F7E84DA.jpeg

英揮さん かっこ良すぎます。。まなぶべきところがありすぎます・・
世界を変えるために何をしたらいいかとのご質問には、 まず乗り物を変えたらいいのではないかなとおっしゃいました。・・

気になった方は、メッセージくださいね。
まだ詳細は決まっておりませんが、お昼の部と夕方の部があります
・・・・・・・
BBF9A219-7A35-42A2-9838-849F8FC835B5.jpeg

それではみなさんよき 芒種、夏至のころお過ごしください
つむぎ日記を読んでくださってありがとうございます。
posted by tsumugi at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

草花喫茶夏至の案内、そして真菰についてなど

FF12CDEB-4EAF-4B37-9F6D-E20C9C0464AD.jpeg

立夏を過ぎて小満を迎えました
植物も生きものたちも 人も満ち満ちていくころ。

卯月満月には どくだみが咲き始めました。
毎日毎日、少しずつ摘みとっています
紫陽花も1番花が地に彩りを添え、
スモークツリーが青空にもくもくと
空を彩っています
蛍袋が今朝咲きました
濃い紫色をしていました

0A427D41-9719-4A19-83B1-44BA7B09CE4C.jpeg

摘み茶に摘み生けに これから
とても賑やかな毎日になります。

5AC3C781-624A-45B8-95C6-A42D1D1A622A.jpeg

季節にしっかりと足並みを揃えていくこと意識して
いけたらいいなあと思う小満のころ
「草花喫茶夏至」(6月21日)の案内をさせていただきますね。

9A94293E-65E2-4E8A-8DB7-95AC6EFCEE05.jpeg

先日は東京に野草宙として のの茶ワークショップと茶会を終えました
市川孝さんのすばらしく植物を考えなおすうつわたちと いつもコラボさせていただいている余韵さん。
COSMICWONDER というすばらしい場にて。
この話はきっと次の草花喫茶夏至でお話ししますね

その前に うつしき さんでのワークショップと摘み草花の会のこともきちんと日記にまとめることができておらず・・
その前に、、星のしずくさん、 龍国寺さん、染めもの屋ふくさん、アナンタでのワークショップのこともきちんとまとめたいと思いながら全くまとめておらず。
ときは流れていっています。
尊敬すべき、大好きなところでのワークショップが続いておりました
わたしたちも学びの多い時間でした。
きっと写真と共にゆっくりですが、まとめていきたいと思っています。
あ、また告知しますが、次は、9月9、10、11日 宿泊含む三日間のリトリート、穂高養生園ですよ〜。 またきちんと案内させていただきますね。楽しみです。

E3489722-E735-4778-9502-F7242529997A.jpeg

さてさて、、
草花喫茶夏至の案内になります↓

875C23D8-6A2D-473C-A8AD-89A527AB9485.jpeg

草花喫茶夏至 6月21日.(珍しく火曜日になりました)
夏至ジャストに合わせたかのように見えますが、たまたまで後から気がつきました^^

宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花、菓子 予約お待ちしています
オープン時間はいつもの通り 12時から19時までです
場所は、tsumugiにて (博多区御供所町12−2 ハコシマさんお隣です)
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に。

草花喫茶の詳しい案内はこちらとなります↓
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
お手数ですが、ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです
長くてすみません・・

3018F9AA-4592-4910-A970-A3078CB59B8B.jpeg

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます
夏至のお花が1番色とりどりで、エネルギーも高く、豊かかもしれません〜。
この時期にお店を開けられること、とてもうれしく思います。
みなさんとお会いできること、うれしく思います。
余韵の果野菓、つむぎの草花、玄道のおはなしもおたのしみに〜・

CBA75A08-6663-494A-ACDF-4B72DC0C4BED.jpeg

お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-花.com
(花は、hanaに変えてください.最近別のリンクにつながってしまうのでこんな表記ですみません)インスタのメッセージも使えますが、誰だかわからなくなってしまって返事が遅かったり返事できなくなったりしています^^返事がないときは催促お願いします^^)

DB2A6EED-25ED-4F5F-A7E8-F7719B56721E.jpeg

5月は 初めての試みで「のの喫茶」もしました
6月ももしかしたら5日(日曜日)あたりできるかなと思っています。
またインスタグラムにて告知いたします。
5月はいろんな植物 茶葉をひとりひとり選んでもらってオリジナルのお茶を作ったりみんなでゆったりしたひと時を過ごしました
予約はとっておらずなのでふらっとお越しください。
実験中なので、値段とかも変わったりやり方も変わったりします。。
小満、芒種あたりが1番畑が賑やかなので
ぜひ草花もお買い求めいただければ嬉しいなあと^^思っています。
この時期しかお花がない(と言っても大袈裟ではなく。。)ので^^

草花喫茶にご予約の方も、草花ご注文していただけるとうれしいです〜・・
きっと、おそらく、店内のエネルギーもすごいことになると思います。

6289BFD9-1F7E-44C8-9B53-69EF7EEFA6C8.jpeg

今から1番花が咲いてくる季節になりますので
ちょこちょことつむぎ畑の草花の受け渡しをさせていただきます。
博多御供所町では、6月17日(果日)、20日、21日(草花喫茶)
5日(野の喫茶予定)
西のアトリエnonokusaでも日程によりますが、花咲くときに
受け渡しさせていただいております。
果日は17日です。こちらも予約受け付けております↓
https://instagram.com/kajitsu__?igshid=YmMyMTA2M2Y=
果日のことも ゆっくり記したいのに、全然できておりません^^;いつもすばらしいコラボレーションです
ゆったりした予約制の喫茶。 珈琲、菓子、食材への愛とこだわりを語ります。


E61BB4DE-055E-4C0B-9B49-CF53650E8351.jpeg


そして、、
D3F65C4E-EFEA-41C2-B132-EBE1CD4A2AEC.jpeg

霧島から真菰を仕入れていますので予約されたい方はご連絡ください。
一株600円から1300円くらいになるかと思います。
(届いてから値段を決めるので、、もし、予算に合わなかったときは、予約しててもキャンセル大丈夫ですよ)
真菰は素晴らしい草です。
家庭にひと鉢あれば助けになることでしょう。
霧島で自然栽培をされているともみさんとタケシさんの畑は、今まで見た中でもかなり
エネルギー高かったように思います。
土地柄もあると思いますし、お二人の人柄も 本当に素晴らしいです。
けせん(肉桂)と桑の葉っぱもあります。こちらも予約のみになるかと思います。

B738AA7E-13A0-463E-A06C-0E595F535FE3.jpeg

真菰とは、
1億年前の化石から見つかったこともあるらしく
縄文の人びとも食べていたと言われており
「神の草」とも言われていて。
すごく美味しくて。
ずっと育てたいなあと思いながらも 水辺でしか育たないので
手をつけていませんでしたがバケツなどでも育てられるとか。
ちらほらと、真菰の素晴らしさに気づいた人が
育て始めていたりしていて
同時多発的に 日本全国で真菰を育て始めた人がたくさんいて、
そのおかげで手に入りやすくなりました
生でかじっても美味しかった。もちろんお茶にしても炒め物、天ぷらでも美味しいです。
マコモタケの部分と葉、茎の部分に分けて煎りました。

F4F43CC1-085A-4CA1-8028-0B405E703C95.jpeg

効能としては、
腸管の掃除、浄化作用、痛み、腫れものにも

籠を編んだり
湿布したり、枕に詰めたり
お風呂に入れたり、、
体を健やかにしたり、水や空気をきれいに浄化したり。
ござ作ったり、、、しめ縄作ったり。
出雲大社のしめ縄は、真菰で作られています

まこも菌は最強らしく
まこも風呂 は汚れをも除菌するとのこと。植えていると周りまで浄化する素晴らしい草です。
100度でも死なない真菰菌
もしかして 地球最強の植物かもしれません。

17716FF6-32C8-4416-A3EA-0FCA96B7FAEF.jpeg

まだまだ解明されてないことも含めてわかっていることだけでもいろいろ書くことがありそうですね。真菰については追記していきたいと思っています。
予約受け付けていますが、数量限定です〜。松と同じく真菰を広めたいです^^
松が人類を救う。そして、真菰も〜と付け加えておきます
写真は、霧島で自然栽培をされている ともみさんたけしさんからいただきました
真菰、けせん(肉桂のこと)、桑の葉っぱ、 松などなどもご予約お待ちしています。


それではみなさんよき 小満、芒種のころお過ごしください
つむぎ日記を読んでくださってありがとうございます。


posted by tsumugi at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月12日

摘み草花の会

B7672B9B-2912-4329-95B9-AC9E1B23C711.jpeg

久しぶりのつむぎの 草花イベントになります
・・・・・・・・・・・
・摘み草花の会
つむぎ/澤村日菜
会場:うつしき
日時/5月1日・日曜日・13時半〜16時半
定員 6名
お代 8800 えん
草木のうつろいゆく姿
草を摘み生けるよろこびといのちのめぐり。
散策、草摘みして
市川孝のうつわと水 に 草花をあわせます
野山で育んだ草花も摘んでお持ちします

C51720DD-B2E3-4513-808E-999B33DB1C50.jpeg

畑で育んだ草花もお持ちします
自由にいけていただいて
いけるときのコツやバランス、
いけたあとのお話も。
余韵さんの菓子と野草宙の宙茶で緩んでいただければと思います

3F83CA01-5B6B-4C22-9D7F-CE8492C8262C.jpeg

受付は、
info@utusiki.com
下記詳細を記載の上、ご連絡していただけますでしょうか?
参加日
人数
参加者全員のお名前
当日連絡が取れるお電話番号

icloud.com
は、迷惑メールに振り分けられることが多いので、別のアドレスからお願いいたします
お申し込みの場合は、うつしきさんへお願いします。
その他お問い合わせはつむぎまでお願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あと、もう一つ案内させてください

・のの茶会
野草宙/澤村玄道・ 澤村日菜
会場:うつしき
日時: 4月30日土曜日・13時半〜16時半
定員:6名
草の香、草の滴、
大地の記憶と野のエネルギーを
太陽の光、火と水、土をとおして
細胞にいきわたらせること、めぐること
太古の地球と細胞とが共鳴し、ゆるみひらくこと。
市川孝の茶道具と炉をつかい、
散策、草摘みと、 宙茶ができるまでの 実演をいたします

お申し込みは摘み草花の会と同じになります

4月の29日から市川孝さんの展示がうつしきさんではじまります
たのしみですね。
また詳しくはそちらも案内させてください
posted by tsumugi at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月04日

草花喫茶穀雨 5月の案内といろいろです

春分を過ぎてまもなく 清明を迎えます

F45DCEFE-9A98-4132-B65F-32621C46FCF9.jpeg

地面からの草のいきおいは日に日に増して

482B938A-C714-49CD-A775-A12C8F815B00.jpeg

蜜蜂たちもいつが分蜂なのか、いまか今かと待ち構えている状況です^^

C69DA2D6-BB0C-46A6-B617-9D06637CD2BF.jpeg

5月草花喫茶は、4日。
八十八夜を過ぎた、立夏前になります。
4月9日からお申し込み受け付けております

F0DA7076-6C43-4201-8EE0-A2E8C4F89806.jpeg

草花喫茶穀雨 5月4日.
宙の小さなおはなし茶会、喫茶席、草花予約お待ちしています
オープン時間はいつもの通り 12時から19時までです
場所は、tsumugiにて (博多区御供所町12−2 ハコシマさんお隣です)
ご予約、ご来店 お待ちしています
いつもきてくださる方も、初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽に。
詳しい案内となります↓
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/485411025.html
お手数ですが、ご一読されてから ご予約いただけるとうれしいです

草花だけお求めだったり菓子だけお求めでのご来店予約も受け付けております
草花は予約されていたらすぐにお渡しできます

お申し込みはメールにてinfo@tsumugi-花.com
(花は、hanaに変えてください.最近別のリンクにつながってしまうのでこんな表記ですみません)インスタのメッセージも使えますが、誰が誰かわからなくなってしまって返事が遅かったり返事できなくなったりしていますのでできればメールにてお願いします^^

D15BC43B-7EFD-484A-8D51-96BA94AEF106.jpeg

最近は、春分に暦のイベントをしたり
野草宙の方のイベントをしたり、 桜を植樹して14年になる桜の谷のイベントなどで
あわただしい日を過ごしていましたが、月や地球、自然にピントを当てたりする時間は
つくらないとなかなか時間をとれないですね
この素晴らしい季節、たくさん自然に触れていたいものですね
やっぱり春分から、清明、穀雨のあたりは貴重な季節なのだと思います.

8BD5C975-082C-472F-8234-0282718848E8.jpeg

なるべく余白を生まないと、、と思いつつ4月は後二つイベントで5月も遠方のため
慌ただしくなりそうです

4月13日 龍国寺にて野の草ワークショップ
4月30日 うつしきさんでの野の草ワークショップ予定
5月1 日 うつしきさんでの草花摘み生け のワークショップ予定(つむぎの草花イベントは久しぶりです)
5月4日草花喫茶穀雨
5月5日 何かする予定 立夏
5月6日果日
5月13、14、東京でのイベント予定
6月は21日に草花喫茶の予定
となっております

また詳細が決まりましたら連絡させてください.と言っても日がないので、
予定だけ連絡させていただきました.

烏野豌豆、雀野豌豆が伸びてきて
この時期にノノクサ会をしたいと思っていたのですが、、
できなさそうな感じです・・
急に伸びてきてしまいました.

4D97C52B-0E8E-4634-A5D0-21B0D6FC581C.jpeg

67BCEE71-40BA-4042-BB02-310A75099591.jpeg

写真は春分のイベント.暦の話は初となりました
素敵な女性たちにたくさん花かざりさせていただきました

7D2BBF2A-62B6-4D5C-8C04-672E4D40371F.png

草花喫茶清明、穀雨でも地球暦 販売しています
(新たに作っていただいた、朔弦望と二十四節気と雑節も販売です こちらも本当に素晴らしいのです)
宇宙的な捉え方が出来る、大きな意味での暦というか、位置を指し示す地図。
日々はかけがえのない一瞬一瞬であり時間と空間を広く捉えることのできる全く新しい、それでいて 根本的な唯一無二の暦
世界で通じる暦。
今、必要な暦なのではないかと思っています
そんな意味での取り扱いとなっています
動画のリンクもあります
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/477437664.html

それではみなさんよき清明のころお過ごしください
posted by tsumugi at 10:36 | Comment(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(c) tsumugi all rights reserved.