つむぎ日記

2017年12月31日

大晦日

023 (1).jpg

今日は大晦日。
ひさしぶりにつむぎ日記にむかう

miyzaki atsukoさんから、つむぎのリースのお写真をいただいたこともあり
(miyazaiさんの写真はすべてフィルムで、
すてきに撮影していただきました。ありがとうございます。
jugrans ailanthifolia http://chobi.sub.jp/blog/ )

ずっとブログを更新しておらず
大晦日くらいブログをアップしたいなという思いもあって

ほんとうにひさしぶりにブログにむかっています

いつもお知らせばっかりですみません


038.jpg


やっぱりブログにむかうときが、一番素直になれそうな感じ。。。

044.jpg

みる人をあまり意識していないからなのか、
見てくれるひとが、みてくれるような気がするからなのか

050.jpg

今年一年はみなさんにとってどんな年でしたか?

大晦日くらいはゆっくりと振り返ってみたいですね

016.jpg


つむぎは、おかげさまで、、実りおおき一年でした。

台湾に花生けにいったり、
soraとしての活動で夫婦でいろんなところにいったり、、
展示会もさせてもらったり。
イベントもたくさんさせていただきました
月一回花屋をオープンする
月一花屋もはじめました。

プライベートでは
発酵に興味がでて、
発酵料理の勉強会へ、通いました。。

那須に行ったのも
大きなことでした。

なるべく薬にたよらず
野草で体をととのえたりしてました。
草のおかげで体調もよかったです。

その間、アトリエ改装も。。。


植物とのつながり、
人とのつながり
深められたように思います

018.jpg

もちろんできなかったこともたくさん〜

アトリエ改装も中断しております。。。
畑しごとも
もっと手をかけていきたいです

ただ、ひとつひとつゆっくり時間をかけて、やれる範囲でやっていこうって
そう思います
じぶんにできることは、かぎられているから。

011.jpg

ものづくりも
花あわせも
じぶんにできる範囲でていねいに。

それが、いちばん人につたわるのではないかな・・

005.jpg

お花のしごとをしている意味は、
そこにあるのだから。

なにかやわらかい 光をとどけるため
とどけて小さく輝かせるために
光と光をつなぐために

049.jpg

たくさんの光にであえて
つながって
しあわせです


046.jpg

今年一年
お店に足を運んでくださったり、イベントに顔をだしてくださったり
花の教室に参加いただいたり・・・

やさいいメールや言葉をかけていただいたり
本当にありがとうございます。


一月は花のしごとをお休みして
(といっても定期花や、もう予約いただいているお仕事や庭しごとなど
いろいろあるのですが)
アトリエの改装をおもにやれたらな、と思っております。

なかなかすすまず。。
でも、がんばります!


自宅 アトリエができたら、
そちらでお花の教室
「はなつむぎの会」(もうすでに名前だけきめている。。)
をやっていこうとおもっていますので
どうぞよろしく。
単発ではなくって一年ごとの募集にしようかなとおもっています。
参加希望のかたに、連絡をしようとおもっています。

単発レッスンは、いつもの
「つむぎのはなあそび」へ
定期的にやっておりますので
ぜひいらしてくださいね。


さいごに
ひさしぶりに「種はお医者さま」の一節を

↓長いけれどやはりいい文章なので読んでいただけたらうれしいです

「アナスタシア」(ウラジーミルメグレ著)より、心に残る一節(一部割愛)を紹介します。。↓

種はお医者様・・
「種は莫大な量の宇宙からの情報をもっている」
とアナスタシアは言った。
「人間がつくった何ものも、そのサイズにおいても正確さにおいても、種にかなうものはない。
種は自分がいつ発芽すべきか、地中からどんな水分を摂取し、どのように太陽や月や星々からの放射を利用すべきか、千分の一秒単位の正確さで知っている。

どんな風に成長して、どんな果実を実らせればいいのかも知っている。
果物や野菜などの植物の実は、人間を元気づけて持久力を高める目的で創られている。
人間がこれまでつくってきた、そしてこれからつくるどんな薬よりも強力に、植物の実は人間の体組織を襲うあらゆる病と効果的に戦い、しっかりと抵抗する。

ただ、そのためには、実になる前の種に、その人の体の状態を知らせておかなければならない。
植物の実が、ある特定の人の病気ー現在かかっているか、発病間近な状態を癒すには
種が実の中身になる物質を、その癒しに必要な成分比率で満たしながら熟成していくプロセスが不可欠だから。

キュウリやトマトやその他の、庭で育てる植物の種に自分の健康に関する情報を伝える基本的な方法はー。
蒔く前の種をいくつか口に入れ、舌の下に少なくとも9分はおいておく。
次に、それから口から出して、両手のひらに包んで約30秒間もったまま、その種を植える地面の上に裸足で立つ。
両手のひらをそのまま開いて、そこにある種をゆっくりと注意しながら口のところにもっていき、種に向かって
肺から息をそっと吹きかける。
あなたの息で温められたその小さな種は、あなたの体の中にあるものすべてを知る。
そのあと種をのせた両手のひらをそのまま開いて空に向け、30秒間種を天体に見せるようにする。
その瞬間、種は発芽の時期を決める。
そして、すべての惑星がそれを手助けする。
あなたのために全惑星が、新芽が必要とする光を天から降り注ぐ。
 
こうしてやっと、種を蒔くことができる。種を蒔いてすぐ水をあげてはいけない。
種を包んでいるあなたの唾液や、種が取り入れた情報がすべて消えてしまうから。

水をあげるのは種を蒔いてから3日後がいい。
種蒔きは、それぞれの野菜に適した時期にしなければならない。
遅れて蒔くよりは、水なしで、本来の時期より早めに蒔く方がまだいい。
種から生まれた新芽の隣に雑草が生えていてもすべて除去してはいけない。
少なくとも各種類ひとつずつは残すこと。その雑草は抜かないで切ればいい。」

アナスタシアによれば、種はこうして蒔く人に関する情報を取り込み、実をみのらせていくまでに、
宇宙と地球から、その人にとって必要不可欠なエネルギーを可能な限り最大限吸い込むという。

雑草にもそれぞれの役割があるのだから、やたらに除去してはいけない。
ある雑草は植物を病気から守り、またある雑草はその植物に補足的な情報を提供することもあるという。

植物が育っていく間、種を蒔いた人とのコミュニケーションは不可欠で、その期間に最低一度は、できれば
満月の夜、その植物に近づき、触れてあげることが大切なのだそうだ。

アナスタシアが言うには、このようにして育った果物や野菜などの植物の実は、
それを蒔き、育てた人が食べると、まちがいなくその人のあらゆる病を癒すばかりか、老化のスピードを
緩慢にし、悪習を取り除き、さまざまな知的能力を増大させ、心の平安までもたらすのだそうだ。
彼女によれば、植物の実は収穫から三日以内に食べるのがいちばん効果的だという。


まだまだ書ききれないのですが、、、このへんで。
興味がある方は
アナスタシアをご一読ください。

なぜいま
またアナスタシアなのか、というと

先日アナスタシアの翻訳者、岩佐晶子さんにお会いしたからなんです
お会いしてお話をきき、アナスタシアのパッションをひきついでしまったのかもです。

特に5巻がいいらしいのです。
1月には読んでしまわなければ、、という今の心境。
アナスタシアを翻訳することになった経緯もお話でききましたが、
これぞ宇宙の采配なのではないかとおもえるようなお話でした。
気になった方は
こちら↓
http://www.anastasiajapan.com/diary


長々とすみません
来年もどうぞよろしくおねがいいたします。
posted by 月麦 at 13:43 | Comment(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

花喫茶 in 台湾

IMG_8936.JPG

花喫茶で台湾へ。
あこがれのお店小慢(シャオマン)さん!
空港まで迎えにきていただき、はじめて見る台湾の景色を楽しみながら一時間。
小慢さんに到着。

もちろん小慢さんもはじめてで。
ずいぶん前より、お友達から話をきいていた小慢さんに流れる空気感に
はしゃいで、たくさん写真を撮りました。

IMG_8944.JPG

入り口はいったところ。早速みんなでお茶をたのしみましたよ。

IMG_8969.JPG

昔から、なによりお茶が大好きで。
日本のお茶も好きだけど台湾茶も。
ゆっくりゆっくり語らいながら、お茶を楽しむほっとする時間。

IMG_8953.JPG

でてくるお菓子がとってもおいしい。
茶梅とドライフルーツ、緑豆と、落花生のほろほろお菓子。
朝ご飯を空港で食べて、機内でも食べ、おなかいっぱいなのに、また食べて。。。

食べ過ぎだね、といいながらお茶を。

IMG_8960.JPG

今回は、福岡から気心しれた4人できました。

一人目は、先日月一花屋や、ワークショップをさせていただいた、モクレンさん。
0202という屋号で真鍮のアクセサリーやかんざし、オブジェなどをつくっています。
今回は、茶卓 と茶匙、モビールをつくられてました。
いつもそうだけど、本当に0202から生み出されるものは、ほんとうにうつくしい。
小曼さんがだされるお茶にもぴったりでした。
花喫茶とともに0202の展示がはじまりました。

0202さんの詳しくはこちらです→ http://mokurenn.petit.cc/

IMG_8941.JPG

ひといきゆっくりお茶をたのしんでから、小曼さんのご自宅へ。

IMG_8991.JPG

自宅がまた、素敵で。
こちらでやってもいいよ〜とおっしゃっていただいたけれど、
どちらも素敵だったけど、お店でやることになりました。

IMG_8986.JPG

また、
器や、花器などをみせていただいたり、ちょっとお散歩にもいったり。

夕ご飯は、人和園雲南菜というところへ。
なにもかも、おいしかったなあ。。

あとは、繁華街をぶらぶらして一日がおわりました。。充実。

IMG_9043.JPG

次の日は、市場にて朝ご飯をみんなでいただくことからはじまり。。。
まずは、コース料理の食材を仕入れに。

まこもだけ、クランベリー、里芋、豆、トマト、鶏肉をさばいてもらい、たくさんの食材を仕入れて
花市場へ。

IMG_9068.JPG

IMG_9062.JPG

IMG_9069.JPG

台湾の花市場。仲卸さんがたくさんあって、ダイナミックで楽しかった。
日本でみるお花達もたくさん。
オランダからきているのだろうな。

台湾で育てられたのかな〜と思われる枝ものなどを少し仕入れて山へ。

IMG_9083.JPG

小曼さんが、案内してくださいました。
山が豊かで豊かで。
たくさんの種類の植物が、勢いよく。。
ずっとあたたかいからでしょうか。
ワンダーランドでした。
わたしたちは、植物採取に夢中。

IMG_9087.JPG

soraのsavaさんとpapparayrayのrieさんは、母子草に夢中。
これを、持ってきた野草茶にブレンドして、台湾と日本の野草のコラボをしよう、とsavaさん。
母子草が立派だった。見たこともないくらい。
でも、おもむきは同じで。。。
台湾の方はあまりなじみのない草だとのこと。
日本では、春の七草の五行で、とてもなじみのある草ですよ、
咳止めなどにもなりますし、ぜんそく、痰きりにも。
肺をあたためる効果がありますとお伝えしました。

IMG_9181.JPG

車前草もすご〜く立派で、、こんなに大きなものを見たことないって言うくらい。
車前草は、腎臓機能をよくするし、目にもよく、咳止めにも、、
すばらしい薬草です。
コラボが楽しみな野草摘みでした。
枝ものなども採取しました〜・

IMG_9071.JPG

山の中で、小さなチワワが、わたしたちのまわりを離れませんでした。
すごく人懐っこくて、ガリガリにやせていて、
食べ物を探していたようでした。
わたしたちは、7人でしたが、誰も食べ物を持っていなくて。。
それでも、しっぽふりふり。。
かわいいチワちゃん。

IMG_9459.JPG

小曼さんが、野点をしてくださって、お茶をひととき山で楽しみました。
その間も、台湾語で、チワワどうする、、?と話し合っていたみたい。

結局、車に枝ものをチワワちゃんをいれて、連れて帰ることに!

IMG_9103 (1).JPG
台湾の方はやさしいな。。
やさしいお兄さんは、台湾では有名な洋服やさんをしています。

IMG_9115.JPG

帰って枝ものを水揚げして、一度落ち着いてから(お食事!餃子!)

ジェンさんの洋服やさんへ連れて行ってもらいました〜。
写真を取り忘れましたが、とっても素敵な洋服、シンプルだけど着心地よく、
リーズナブルで、
みんな一着ずつ購入しましたよ!
試着の時間も楽しかった〜〜!!

IMG_9321.JPG
場所をかえて、お茶のレッスンに参加させてもらったり。

楽しい買い物もお茶の時間も終わり、小慢さんのところで植物ディスプレイはじめました。

rieさんは、仕込みをはじめ。

IMG_9451.JPG

savaさんは、お茶を煎り始め、、

02さんは、ディスプレイはじめ。。

みんないっせいに仕事モードへ!

わたしは、ライティングから全部かえて、、、すてきな器たちに自由に仕入れたお花を
いけこみました。
ノン、ルール。
ルールがあるようで、ないような。
手がうごくままに花生けを。
植物のエネルギーをかんじてもらいたい、きていただく方のことを考えて花をディスプレイしました。
ぜんまい、さといも、山帰来、などなど。。

IMG_9329.JPG

IMG_9336.JPG

ディスプレイも夜20時くらいに終わって、、みんなでbarにいってごはんを。
とても充実した二日間をすごしました。髪飾りをつくったりして、、
いよいよ明日が本番。。


3日目。

朝から髪飾りの準備を。
みなさんお一人お一人に髪につけてさしあげました。
台湾にくるまでは、
食事中に人の髪に花を飾るなんて台湾でうけいれられるかちょっと心配もありましたが、
日本以上に喜んでいただけたような気がします。

IMG_9417 (1).JPG

IMG_9450.JPG

特別な時間。
みなさんに楽しんでいただけました。

IMG_9452.JPG

料理はいうまでもなくすばらしくて。
花のディスプレイが落ち着いてから、お皿のもりつけや、配膳のお手伝いもできました!

IMG_9454.JPG

いつも美しいものをうみだすrieちゃんです。
なぜそうなのか、、、それは、暮らしや感覚的なもの、中から美しいから・・

(papparayrayの詳細はこちら→http://papparayray.petit.cc/

IMG_9455.JPG

小慢の小曼さん。
本当にお世話になりました。
噂以上にすてきなところで、目をまるくしっぱなし。
なのに堅苦しくなくって自由なざっくりとした空気感には感激しました。
こんな場所があるのですね。
台湾にいかれた際には、ぜひ。

(小慢さんの詳しくはこちら→https://ja-jp.facebook.com/xiaoman.tea/

IMG_9457.JPG

IMG_9393.JPG

IMG_9391.JPG

IMG_9394.JPG

花飾りをつけたみなさん、ゆったりと食事を楽しまれています。

IMG_9421.JPG

IMG_9423.JPG

IMG_9304.JPG

途中で、料理、お花かざり、野草茶、茶卓の説明もおりまぜながら。

IMG_9225.JPG


IMG_9201.JPG

野草茶 soraのsavaさんです。
soraは、わたしと二人のユニット名にしましたが、
ほぼsavaさんが、お茶はしています。
昔っから、お茶の星の人で、
「お茶星人だね」って言ってました(笑)それが、仕事になるなんて思ってもみず。
いつもは、ワークショップをしたりして、野草のすばらしさを伝えています。

FullSizeRender (1).jpg

今回は、rieさんのコース料理の食前と食後にだす野草茶を担当しました。
毎日ブレンドをかえて、体調をみながらお茶を淹れています。
台湾の方たち、、、本当に、びっくりされていました。
このような、お茶に関わることができるなんて、天職だね、と二人で話しています。
足元の草のすばらしさをこれからも伝えたい、と思っています。

普段は映像のお仕事をされているsavaさんですが、
枠にとらわれず、宇宙的なお仕事をされているなあといつも感じています。
次元をこえた、すばらしいお仕事を〜。

soraは、宇宙の宙ソラより名前をつけました。
野草は、宇宙とつながっている、、、日々そう感じています。

FullSizeRender.jpg

茶葉の美しさ、台湾の方にもみて、香りをかいで、楽しんでいただけました。

IMG_9194.JPG

いつもは8種のブレンドですが、今回は、台湾とのコラボで10種類。
十種十薬。

savaさんの詳しくはなにもないけれど、、ホームページもFBも、ラインもインスタも、なんにもありませんが、いつかワークショップを開いたときに、参加していただければ嬉しく思います。

IMG_9424.JPG

終わっておいしい魚料理のお店へ連れて行っていただきました!
朝ご飯も、お昼ご飯も、、、小慢さんのお母様の手作りですごくおいしかった。おしいいもので幸せ。


すてきな、大好きな4人で行けて、本当にしあわせに思います。ありがとう。

IMG_9412.JPG

濃密な4日間でした。
(久しぶりにブログを書きました〜〜〜)

IMG_9119.JPG
小曼さん、本当にありがとうございました。

4日目も、、またまた充実してまして、
終わってほっとしたのか、ほとんど写真を撮りませんでしたが、
名古屋のsashiiroさん、岐阜のちちりさんと 6人で
台湾散策〜。

IMG_9379.JPG

ドライフルーツや豆の卸やさんや、紙やさん、おいしいものを食べたりよく歩きました。

でも最後、小慢さんでやっぱりゆっくりしたいね、、、ということで、
小慢さんにもどりゆっくりしてから帰路へ。

おしまい☆読んでくれてありがとうございました。
photo:小曼













posted by 月麦 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

3.11 あれから6年ですね

00003811.jpg

今日は、3月11日。
震災から、6年ですね。

それぞれの6年。
人には、それぞれの思い。
そして、おなじ「とき」を共有しているわたしたち。

3.11この日は、ブログを書こうときめてから6年。
だいたい、深夜にかいていると、日付がかわってしまうのですが。。。今日もそうなりそう。

ずっとつむぎ日記を読んでくださっている方がいるのなら、
つむぎのいろんな思いがかわってきているのを感じ取ってくださることでしょう。

なぜなら、ブログでは、素直に思いを書いているから。

自分では、前のブログは、、、はずかしくて読めないけれど、、、

自分の中にある思いを・・・すべてではないけど、そのときそのときの思いを率直にだしてきました。

今はFacebookや、インスタグラムなど
便利なツールがでてきて、、
ブログ離れがすすんでいるとか。

さっと写真撮ってさっとあげられる、、簡単なほうにながれてしまって
(そういうじぶんもね^^)
。。

誰が読んでくれているのか、全くわからないのれんに腕押し的な
ブログより、
「いいね」っておしてくれていると、
ああ、読んで(見て)くださっているのだなあという確かな(かな?)
ものを感じることもできる。

ただ、とても早く流れていくし、、、
浅くて軽くなるのは確か。

ただ、軽くて浅いと思っているそういうかんたんツールでも
ひとつひとつ、心をこめるように意識している。

そんな軽いといわれるツールをやることも、自分の中では やる意味があって、

こういう世の中になったらいいな、、、という強い思いがあってこそ。

もちろん、イベントの告知ができることとか
仕事のツールとしては便利だとおもうけど

そのためにやっているのではなくて。

・・・
ただ、こうしてつむぎ日記にむかって文字をうっているときは、なぜか正座して、
時間をかけてかいているから
ブログにたいしては、じぶんのかける思いも又、それとは違うように思う。
誰が読んでくれるのかわからないから、自分にたいして書ける。。

今日はそう、3月11日。

あのときもミモザのはなあそびをしていて。
ぜんぜん状況を把握できていなかった。

今日もちょうど、
たまたまミモザを楽しむ会のお昼の部で、14:46 にさしかかるなあ、、、
黙祷できないなあ、と思ったのですが、
「そうだ、みんなでやってはどうかな?」と考えた。
でも、、なんか強要するのもいやだなあと思ったので・・始まる前に、
「途中で14:46に黙祷しようかなと思いますが、どうですか?」ときいてみたところ、、
みなさん、うんうん、、とうなづいて下さったのでみんなで黙祷をすることに。

レッスン中に黙祷をしたのは、はじめてでした。

海ののまれて 津波で亡くなった方々 や いまだに行方不明の方、そのご家族やおともだち。。。
地震で被害のあった方、、
家や大事なものが、流されてしまった方、
仮設住宅で暮らしている方、、

避難せざるを得なかった方、
自主避難された方、
避難したくてもできない方、
病気の中、避難をしいられた方、、

原発作業員の方、その関係者、
職を失った方、
漁協関係者や酪農を営まれている方、
育てていた家族のような動物たちを放射能汚染のため、やむなく育てられなくなった方、、
ペットと離ればなれになった方
農業をされている方、
しごとの見通しがたたない方たち、、、
線量計をつけなければいけない子供たち、
家族離ればなれになって暮らしている方、、

かんがえるだけで、、、想像するだけで涙がでてきます。
想像を絶する被害。

まだおわってないし、
忘れてはいけないと思います。

そしてまた、今だに、震災の関連死がとても増えています。

あと、、、にんげんだけではなく、海やお魚たち、微生物たち、空気、森、森のどうぶつたち、
土もよごしてしまった。人災。

いろんな思いで黙祷しました。

祈り。。

それが、今じんるいに必要なのかなと思います。
前向きに突っ走ってきているから。
「前」に人参をぶらさげられて、どこが前かわからなくなっているようにもみえる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 月麦 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

アトリエ改装は、、、かたつむりの速度で。

IMG_6983.JPG

アトリエ改装計画はぼちぼち、、、すすんでます。

なかなかブログを更新できていませんが、

先日、くらにkrankさんがいらしてくださいましたのでアップしてみました。

アトリエ改装で行き詰まったので、何かとアドバイスをいただきながら。。。

感謝です。

posted by 月麦 at 12:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

出張はなあそび10/2のおしらせです

IMG_6872 (1).JPG

大手門に、すてきな食材屋さんがあります。
サークル circle
というお店なのですが、

10月初旬に迎える
サークル2周年記念「サークロマニヨン」にあわせて
「出張つむぎのはなあそび」をさせていただくことになりました。

10月2日(日曜日)
つむぎ畑の植物を中心に、
市場でセレクトした植物たちで 
ブーケづくりのワークショップをいたします。

水揚げの方法や、
おうちに持ち帰ったあとのアフラーケアのコツなども
お話いたします。

初心者むけです〜〜

奥にある、クロマニヨンというお店で、
ぜひ
ワークショップ後に
フード&ドリンクをお楽しみくださいね(会計は別になります)

クロマニヨンにいかれたことない方は
ぜひ、いつか機会があれば
お食事とワインを楽しんでいただけたら、と思います。

料理に対する思い
生産者、食材にかける思い

それが一皿一皿、
ワインにも、細部にわたって伝わってくる、
本当にすてきなお店なんですよ。

生産者のこともよくご存知で、、
話がとても楽しい。

生産者さんと
近いお店だなあと思います。

自然農のお野菜をとりあつかっているのですが
一皿一皿に、自然農の説明までしてくださって、、
「自然農のお野菜です」ではなくて
「自然農とは、、」からはじまるのです。

自然農をしている自分にとって
最初に店を訪れたときは
びっくりしたのを覚えています。

食を提供する姿勢には
いつも
いい刺激をいただきます。

このようなお店で
2周年記念という記念日に ワークショップをさせていただけて
とても嬉しく思っています。

まだ少し空きがございますので

参加希望の方は、
つむぎ092−283−8581
メールinfo@tsumugi-hana.comか

クロマニヨン
092−406−7487
0011circle@gmail.com
hp wine-cro.jp/circle/
まで
お願いします。

お待ちしています!

*写真はイメージです


posted by 月麦 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

nikiな一日に参加します

DM-2016(web用1) (1).gif

来月、10月16日の日曜日、
「nikiな一日」

おうちマーケットに参加します!
つむぎは、植物アクセサリーのワークショップします。

大野城市のとっても素敵な一軒家。
古いおうちをリノベーションされたnikiさんは、
建築設計士としてご活躍されていて、
主におうちや店舗の設計などをされています☆
10年前に結婚式の装飾をさせていただいたのがご縁で、
ずっとおつきあいがつづいており、
今回、参加させていただきます。

よかったら足を運んでくださいね。
ワークショップは、予約受付中です、
お子さんと一緒に参加もできますよ!

時間は短いですが(30分くらい。のびてもok)
アクセサリー(イヤリング、ピアス、その他)を一点つくる感じです。

1500yenです。

おまちしています!!
詳しくは
こちら

DM-2016(web用3) (1).gif

DM-2016(web用2) (1).gif

DM-2016(web用4) (1).gif

10年前の結婚式のときのテーマと一緒。
nikiってなんだろう、、て思っていたけど今はよくわかる。

夫婦って二人でひとつなんだよなあ、、って。
江里さん夫妻が結婚して、nikiというひとつの運命共同体みたいな。。
二人だからできることが広がったり、深まったり。

そんな、nikiさんです。
posted by 月麦 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

お誕生日 つむぎ11歳です

000007-10ea8.jpg

今日9月6日は
つむぎの11歳お誕生日です。
今年はお店もあけてないので、
お誕生日は昨年と比べて
ほとんど意識してなかったのですが
昨日思いがけず、お客さんから
お祝いの贈りものをちょうだいし、
びっくりして涙がでました。
思わず涙がでた自分にも、、さらにびっくりしました〜。。
優しさにふれたとき、
涙ってでたりするんですね。
つむぎは、これまで
11年変化してきました。
オープンする曜日も年々かえてきましたが、
心の声に沿って、
そのつど、花しごとの形を変えてきたつもりなのです。
それは、自然なことでした。
今、福岡市のはずれの
自宅を改装し、
そこでも花の仕事ができるように
月1で花屋がオープンできるように
改装をしています。
改装しながらも
どんなふうになるのか
ほとんど想像できないというか、
きちんと明確なものがあって進んでるというよりも
形はあとからついてくる、
というような
いきあたりばったりな
でも
漠然とある強い思いと、
そのときの心の声をたしかめながら、
つくっている感じなので
これからも変化していくと思うのですが、、
どうなるか、
自分自身楽しみではあります。
そして、
御供所の「つむぎ」は、
月・水・金・土

火曜日、木曜日、日曜日の週3日を
人に場所をお貸しすることにしました。
花のしごとは、
ほとんど一人でしていますので、
博多のアトリエを週に何日か、、
どなたかに活用してもらえないかな?と思い
「野草のはなあそび」に来てくださったジュンコさんに、
声をかけてみたところ、
活用してくださることになり。。。
短期になりますが
これも、自然な流れだなと感じています。
アロマをされていて「西洋的野草=ハーブ」のことを15年くらい
教えられている方です。
「aromatic botany」という名前で活動されています。
植物つながり。
ジュンコさんにいついては、また詳しく追って紹介しますね!
禾乃登9・6
posted by 月麦 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

夜の花喫茶をおえて

IMG_5726.JPG

夜の花喫茶、
二日間無事に終了しました。

心とまどう中
きてくださった方

あたたかいメッセージをくださった方

やむなくこれなくなった方

イベントの告知を手伝ってくださった方

写真をアップしてくださった方

ありがとうございます。


ひとりひとりにお礼が言えてなくて
失礼しています。



たいへん混雑した時間帯があり

対応に不十分なところがあったかもしれません。

お待たせすると
緊張してしまいまして・・(._.)


花喫茶の前の日、

花瓶に水を入れて、お花を飾り、
準備ができおうちに帰ったら

深夜の二度目の大きな揺れ。

福岡でもかなりの揺れでした。

熊本や、大分ではもっともっと大きな揺れであったと思います。

眠れない日々であったでしょう。

個人的には

月に二度ほど薬草や陰陽の勉強のため
阿蘇や別府に行っており

愛着ある大好きな地ですし

お友だちもいます。

ご縁があり
阿蘇にいくがてら
熊本や大分に
行くことも多かったので

心配で心ゆれる中での
イベント開催になりました。

山の上に住むお友だちは、道路が寸断され 孤立しています。


心が萎縮し 隠の方に傾く中

負の連鎖はよくないと考えました。

ほんの
ひとときでも

心をゆるめていただければ

そんな気持ちでした。


きてくださった人たちも
そんな気持ちであったと思います。


いつも、心をゆるめてくれるのは

植物たち。

おいしいお料理、心地よい音楽、
笑顔ややさしい言葉です。


このイベントは、

ただお花をたくさん飾って、販売したいというイベントではありません。

ステキな空間に
生命力あふれるお花をかざらせてもらえて
今まで大切に育てたお花をお披露目する
そういう意味も少しはあるかもしれませんが

じぶんの中では違います。

この二日間は

非日常の空間と時間をつくっているようですが

この二日間は、日常のつみかさね。

日々をどう過ごすか
過ごしていこうか

改めて考えさせてくれる花喫茶です。

お花のセレクトをみていただいたらわかるかもしれませんが、へだたりをなくしたいという気持ちもあります。

いつからか
美しい世界を作りたいという
きもちで毎日を過ごすようになりました。

ワクワクすることとか
夢のあることとか

そちらに焦点をあわせたい。

美しいことは
グレー色をやさしく包み込むことができると信じて。。。

それが、花喫茶への思いにも
繋がっています。


美しい世界とは、みためではなくて
目にみえない

感じるもの。

美しい世界に生きてたい。

直感を信じて。

自分のできることを。。。
していきたい。


今心配なのは

日常生活できない方々・・・


そして
稼働している原発です。


5年前の地震で

大切な
日常を奪われた たくさんの方々
今も苦しんでおられます。


九州は 桜島をはじめ

由布岳、阿蘇山と
火山が活発です。


この地震は普通ではなく
千年に一度ともいわれています。

一度大惨事になれば

多くの犠牲と
多くの日常が奪われます。被害は日本にとどまりません。

ほしいものは、平和な日々。

大事な日常を一瞬で終わらせる
美しく感じられないもの。

とめていただきたいです。



平和な日々を祈って。

love ,peace
posted by 月麦 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

311 あれから5年

000026.JPG

2016年 3月11日。

あれから5年がたちました。

100人いたら、100人のそれぞれの「5年」があったと思います。

3月11日には、毎年ブログを少しでもかこうって思います。
少し遅れたちゃいましたけどね、、。

そしていつも あまり更新できてないですが。
この日だけは・・☆



・・・なぜかこうと思うのか。。?


3月11日が、日本人にとって特別な日であるのとおなじく、自分にとって特別な日だからです。

今のじぶんのいろいろなこと、
あの日にぜんぶつながっているように思います。

きっと今、店舗販売を休んでいることも、
自然農をしていることも。

日々の花のお仕事も。
こんどのイベントなども、
そういう小さいこともすべて あの日につながっているように思うからです。


そしてもうひとつは、被災された方の思いに少しでもゆっくりと寄り添う時間が
必要なのかな、と思うから。

今、人は忙しくて
日々の生活に
想像するということや、祈りが少なくなっているように思う。
じぶんも含めてです。
あっというまに5年目の3・11がおわってしまわないように。

いま、まだたくさんの方が家を失って
家族、ふるさとを失って
大切なものを流されて。。
放射能で汚染されて。

捨てざるをえなかったものもあったでしょう。

ものとしての、目にはみえなくても

まだまだたくさんのご苦労や精神的ダメージは続いています。

そして、

問題はなにも解決していません。

「復興、復興」と声高にメディアでさけんでいますが、
問題のすりかえが おきているように思います。

そして それは、福島県だけの問題ではなくて。

汚染された大地、海、
それはわたしたちそのもの。
わたしたちのふるさとであり、
母。

それらを傷つけたわたしたち。
それはわたしたちにかえってくるのです。

かんたんことなのに、
わかりやすいことなのに。

なんでだろう。
「カオナシ」の国は再稼働につきすすんでいます。
どうしてだろう。ずっと考えていました。

核のゴミがふえつづけて
行き場を失っているのに。

だんだんわかってきたけれど。
つきつめていくと だんだんに。


5年前のあの日からいっときの間、お花をかわいいと言えなくなって
お花の色がなくなりすべてモノクロームに見えました。

被災地に行ったり、脱原発のデモにでたり講演会をまわったりしたけれど
苦しくなって、疲弊して。

2年くらいたってやっと 見える風景が変わってきた。

カオナシと同じ土俵にいてもだめだと思って。
苦しくなるだけで。。。

見たい世界、そうなってほしい世界があるならば
じぶんがその見たい世界をつくらないと。

美しい世界をつくること。
それが救いになることを信じて。

人の意識が世界をつくる。

大丈夫。

一人一人が光のたまに
なれたらいい。

そして、みんなで大きな光に。


3月11日 2016







posted by 月麦 at 03:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

あけましておめでとうございます。tsumugi

IMG_2570.JPG

あけましておめでとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願いします!!


まず2015の反省点^〜^

昨年は、つむぎ日記の更新を怠っていました〜。。

その理由(イイワケ)として、考えてみると。。

1・パソコンが古く、本当に調子が悪かった。よくかたまったりしていた。
 
2・ブログの更新より、インスタグラムのほうが、簡単で楽に写真が投稿できたので、ついつい安易なほうへ。。。
(インスタグラムは日々のお花をなるだけ毎日のせるようにしていますのでよかったらそちらもご覧ください
tsumugigarden →https://www.instagram.com/tsumugigarden/
(あまりのせてませんが
Facebookはこちら→https://www.facebook.com/tsumugi.hana/?ref=aymt_homepage_panel

3・目も少し悪くなっているような気がするのでパソコンの前にあまりいなくなった。

という3つの理由かな〜

IMG_2495.JPG

インスタや、Facebookは簡単であるがゆえ、文章もどこか簡単にすませてしまう。
さらっとしか見ないのかなあ、という気もするので あまり長くは書かないようにしています。

ブログは「イイネ」などの反応もないので
どなたが見てくれているんだろう、、、と思いながら
ついつい自分自身に書いているような、、日記のようになってしまっています。
なので、ちょっとくどいかも、、しれません。 笑

本当に昨年は更新できずにいました。。

どっちがいいかなんて一長一短であるとは思うけど
更新していないのに
やっぱり「つむぎ日記みています」という言葉が一番うれしい。
読んでいただき、ありがとうございます。

IMG_2569.JPG

反省点はこのくらいにしまして、、

いよいよ 2016年がはじまりましたね。

昨年は
お店も、10年の節目を迎えて
今、とても爽やかな気持ちでいます。

今年から、花しごとのかつどう名を 漢字表記の「月麦」から
「tsumugi」にかえました。
(今までと標記を変えただけで、読みはツムギでかわりません。)

月麦という名前は
お友達の子供さんからいただいた、大事な名前だったのですが
博多の下町風情のこる、大好きな寺町のイメージで
ここで店をさせていただくならば、漢字表記にしたいと思い
月という文字もいれたかったので決めた名前でした。

ただ、10年店をやってきて、昨年店頭販売をやめ、
ここではやりきった感もありまして
これからは御供所町にとらわれなくてもいいかな、という思いもありまして、
ローマ字表記にかえることにしました。

これからは
又 新しいことにもチャレンジしていきたいと
思っています。

そして、

昨年は 水と太陽、月に 特に 意識が向いた一年でした。

いつも、お花の水をかえるとき、
霧をふきかけるとき、
以前よりも水を意識しました。

太陽の輝きを
「ああ、ありがたい。おかげで人々も、お花も生きている、」

以前よりも感じながら毎日を過ごすことができました。

わたしたちの体は水と太陽でできている、と思えるほど。

なぜそう感じられたのかはわかりませんが 
植物も人もおなじだな、と思えました。

すべてに感謝して、日々過ごしたいと思います。

以前とは、意識をむけるところ(周波数みたいなもの)がかわってきたのだと思います。

毎日のおいしいごはん。
水が水道の蛇口からでてきてくれること。
お風呂にゆっくりつかれること。
花が咲いてくれること。
お布団でぐっすり眠れること。
元気でお仕事ができること。
大事な人がいること。
小さな生き物が、人が生きていること。
星が輝いていること。
友達がいること。
太陽の光があたたかいこと。
宇宙からのやさしい愛の波動。
森。
月の光。

つながっていないようにみえて
つながっているみなさんにも
地球の反対側にいるみなさんとも
きっと水でつながっているのかも?

目にみえる世界のあれこれも
相変わらずアンテナははっていますが
アンテナの張り方もかわったのか、
違う次元でとらえることができるようになりました。

日頃のニュースをみて
ああ、相も変わらず愚かなことをしているなあ、、と
感じたりもしています。

目にみえるものばかり追いかけてしまうと
とても疲弊してしまっていました。
世の中のニュースがをきくのがとてもつらくて。


ガンジーーの言葉で

「自分が見たいと思う世界の変化に
自分自身がなりなさい」

っていう言葉はありますが

もうその通りで、それに尽きるな、と日々感じています。

世界の平和を望むなら
まず自分の中に平和を。

世界が美しくなったらいいなと思うなら
まず、自分の心を美しくしないと。

日々、修行なのかなあ^〜^と思っています。
ただ、楽しく、修行していきたい。

この世の中はワクワクすることで
かわっていく、 意識をかえることで、世界がつくられる、と
信じています・・。

扱うお花にも
ワクワクのエネルギーがつたわればいいな。

つむぎ日記はいつ更新するかわからないけど
気が向いたら更新していきますので
どうぞよろしくお願いします!


posted by 月麦 at 12:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(c) tsumugi all rights reserved.