つむぎ日記

2015年12月25日

クリスマスに

000019.jpg


今日はクリスマスですね。
昨晩のテレビ番組「小田和正のクリスマスの約束」
の中で歌われた、マイケルジャクソンの歌が心にしみたと
お友達からメールがきましたので
ここに紹介します☆


Heal The World   by Michael Jackson

Heal the world              世界(地球)を癒そう
Make it a better place           よりよい場所にしよう
For you and for me             あなたと私
 and the entire human race     そして、すべての人の為に
There are                   人は
 people dying              やがて死ぬもの
If you care enough for the living     日々を懸命に過ごそう
Make a better place           よりよい場所にしよう
For you and for me          あなたと、そして私の為に


If you want                  理由を
 to know why              知りたいなら
There's a love that cannot lie      愛は敗北を知らないと言っておこう
Love is strong                愛は強い
It only cares of joyful giving       それは与えるばかりで報いを求めない
If we try                   やってみよう
We shall see                ぼくらは
 in this bliss               幸福をみるだろう
We cannot feel               恐れも 不安も
 fear or dread               心配もない
We stop existing and start living    ぼくらは新しい生き方をはじめる


Then it                    それは
 feels that always              いつでも感じられる
Love's enough for us growing      愛は大きく、充分である
So make a better world         それで、よりよい世界を作ろう
Make a better world...           よりよい世界を作ろう

Heal the world               世界(地球)を癒そう
Make it a better place          よりよい場所にしよう
For you and for me            あなたと私
 and the entire human race       そして、すべての人の為に
There are                  人は
 people dying                やがて死ぬもの
If you care enough for the living       日々を懸命に過ごそう
Make a better place           より良い場所にしよう
For you and for me             あなたと、そして私の為に


And the dream we were         ぼくらが育んだ
 conceived in                夢は
  will reveal a joyful face         やさしい顔で姿を現わす
And the world we            ぼくらがかつて
 once believed in             信じた世界は
  will shine again in grace        ふたたび優美に輝き出す
Then why do we keep strangling life  なぜ、ぼくらは生命を殺し続けるのか
Wound this earth crucify its soul   地球を痛めるのは、魂を磔にするに等しい
Though it's plain to see         それは明らかなこと
This world is heavenly           世界は
 be God's glow               神の輝きで満ち溢れている


We could fly                 気分は
 so high                   上々
Let our spirits never die        永遠の魂を
 in my heart                手に入れよう
I feel you are all my brothers     あなたも、ぼくらも、みんな兄弟なんだ
Create a world              世界を作り直そう
 with no fear                みんな一緒に
 together we cry happy tears      泣いたり笑ったりしながら
See the na-                国々が
 -tions turn                 彼らの剣を
 their swords into plowshares     鍬に変えるのを見よう


We could                  そこに
 really get there              たどり着けるさ
If you cared enough for the living  日々を懸命に過ごそう
Make a little space           小さな世界を
To make a better place...        よりよい場所にすれば


今日も この地球が光と愛と癒しに満ちた一日でありますように・・。
posted by 月麦 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

またメールの調子がわるかったです

000014.jpg

一週間くらいパソコンの調子が悪くって
メールの受信も送信もままならず、、迷惑かけた方には本当にすみません〜!!

パソコン、実は壊れかかっているのをずっと使っているのです。。
新しいのを購入しているのに
新しいのに移行できていないのでした。

古いパソコンさん、もう少しがんばって。
posted by 月麦 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

3.11

0000161.jpg

4年目の3月11日を迎えましたね。

どんな思いで迎えたか、人それぞれだと思います。

あの日のこと 忘れずに、
希望をもって、いい世界をイメージして生きていきたいものです。

あれからずっとつむぎのお店の壁に貼っている言葉があります。

「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい。」
ガンジーの言葉です。
短い言葉なのに深くて。そしてとても難しい。

でも、それにつきるな、と思わせてくれる言葉で・・・いつも心の中にあります。

4年経ってもなお
苦しい思いをされている方はたくさんいらっしゃるでしょう。
心の平穏が一人一人に訪れますように
祈りたいと思います。

posted by 月麦 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

今年もありがとうございました

IMG_0728.JPG

今日はつむぎの仕事おさめでした。

今年は 自然農での野菜とお米作りに加え、
新たに山の畑も借りることができました。

実は山の畑、冬はあまり日が当たらないのですが、、、、
(なので冬は雪が積もっている)
山と空、川が流れていて本当にすてきなところなんです。
朝、そこで花を摘んだり、お野菜を収穫したりすると、
気持ちがよくて、頭から足の爪の先まですっきり〜します。

あと、あるきっかけから足元の草のすごさに気がつき、
いろんな先生から薬草薬木について学んだ1年でした。
今までは刈り取っていた、、身の回りの野草を知っていくのが本当に楽しくて。
足元の草にこそ、真実があるような気がしています☆

今では毎日野草のスープに野草のお茶を飲んでいます。
お茶はほとんど自給自足に近いかなあ。。
今12種類くらいを毎日ブレンドをかえて飲んでいますが
すごく体の調子がよくなりました。

お料理にもつむぎ畑の野草をとりいれたりして。。。楽しんでします!
来年はより学びを深めて行きたいなあ、とそんな風に思います。

そして今日は大晦日。
昨年の大晦日に「アナスタシア」という本を紹介したのですが、
何人か読んでくださったみたいで嬉しかったので今日も一冊紹介したいと思います。

今年出会えてよかっったなあと心から思える本
「アミ 小さな宇宙人」です。
3部作で「もどってきたアミ」 「アミ3度めの約束」と続きます・・
この本について語ると長くなるのですが。。語るのはまたこんどにして簡単に説明すると、
読んだことによって自分の何かが開いた感じがしました。

新しい扉かな?

1本のお花を見るのにも大きな宇宙スケールでとらえることができるようになったというか。。。
よかったら読んでみてください。とても読みやすい本ですので〜。

今年ももう終わり。
足元の草に、人に、太陽に、土に、水に、、虫に、
生きるものすべてに感謝です。

今年もブログを読んでいただいてありがとうございました。
お店にきていただいて、
「ブログ読んでいます」と言われるのが一番嬉しいです。
一番深いところでつながっているような。。
そんな気持ちになってしまいます☆

拙い文ですが、来年もどうぞよろしくお願い致します。


posted by 月麦 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

2015tsumugiカレンダー

IMG_0386.JPG

2015tsumugiカレンダー、あと残り少しとなりました!
まだ予約受け付けております〜☆
配送代金180yenです。 ご希望の方は電話092−283−8581
0r メールinfo@tsumugi-hana.comまでご連絡くださいね!FBのメッセージでも受け付けております。
(カレンダーについて http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/409310805.html

24、25日はクリスマスナイトマーケットにて販売しています!!
(クリスマスナイトマーケットについて http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/410257323.html
ぜひあそびにきてくださいね。
posted by 月麦 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

紀里谷さんインタビュー記事

0000217.jpg

とても共感できるインタビュー記事を読みましたのでここで紹介させてください〜。

紀里谷和明さんのインタビュー記事です。

詳しくはこちらです
http://tabi-labo.com/13262/kazuakikiriya/

いくつか抜粋させていただきます↓

「僕は世界を変えられない。それでも「風潮」は、世界を変えてくれる−
中略

「自由にしていい」と育てられた反面、「“何か”になれ」「“勝ち組”になれ」「“成功”しなければならない」と植え付けられる教育を受けました。アメリカは、日本以上の学歴社会。親や先生の言う通りに勉強して、いい大学に行って、いい会社に入って、いい家を買って……というご存知の“アレ”が始まる。相対論や比較論。終わりのない武装の旅・・・

中略

日本やアメリカなどの先進国では、野良犬がいたら保健所の人に捕まえられ、殺されます。それって、よく考えてみたらすごく残酷なこと。犬は、本来の「犬」であってはならない。「お座り」「お手」「待て」に従う、首輪でつながれた“犬”でなければいけないんです。ゾッとしませんか?

それが今、人間にも行われています。何かの権威や肩書きに寄り添っていないと存在が許されない。誰もが衝動として、そこから出たいと思っているのに、抜け出せない。でも本当は、人間はオギャーと完璧な姿で生まれてきたはず。僕らは長い年月をかけて身につけてきた鎧を脱ぎ捨て、本来の姿へ戻っていくべきじゃないかと思うんです。

中略

世界中の問題の大半は、苦しむ必要のない無意味な“闘い”。コンゴ、ルワンダ、ソマリア、インドとパキスタン、中国とチベット、東ティモール……挙げたら切りがありません。そこで行われるのは、虐殺に拷問、強姦、陵辱。これらは、戦争や紛争という安易な言葉で片付けられるようなものじゃない。

しかも、僕ら自身がこれらの問題に加担していることに気づいていない。 先進国の人々が内面の不満を物理的なものによって解消しようとするがゆえ、搾取が起こる。搾取のために地球の裏側の人間が、物理的にズタズタにされていく。そして、先進国の人々は搾取を助長し続けるので、この悪のサイクルは延々と繰り返される。しかも、これで先進国の人々が幸せになれるならまだしも、不安やコンプレックスは消えないどころか、どんどん増大していく。

一切関わらないことはできないかもしれないけど、“関与しない”ことを行使することはできます。先進国の一人ひとりが問題に気づき、無意味な苦しみから抜け出せれば、僕らはハッピーになれる。そしたら、搾取は起きなくなり、地球の裏側の人もハッピーです。世界の流れを逆回転させると、素敵な世の中が待っているんじゃないでしょうか?

僕は、社会的に作られた“自分”ではなく、本来の人間としての自分に正直になりたいです。そして、風潮を作っていきたい。きっと思っているほど難しいことじゃないし、複雑なことじゃないと思うんですよね。世界を変えるのって。」

以上です。
紀里谷さんの最新作 毛皮反対プロジェクト
http://www.youtube.com/watch?v=99yWAjKcLdM

posted by 月麦 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

オリバーストーンと語る 原爆×戦争×アメリカ

0000243.jpg

昨年NHKで放映された「オリバーストーンと語る 原爆×戦争×アメリカ」をみました。

オリバーストーンがつくったドキュメンタリー『もうひとつのアメリカ史」がすばらしいのです。

「記憶とは文明をつなぐかぼそい糸である。我々は決して広島・長崎を忘れてはならない」 by オリバーストーン

「憲法9条がかえられて、平和憲法がなくなるのを見たくはありません。
日本の若者の死体が戦場から戻るのを見たくはありません。それがもうひとつのアメリカ史の目的です。」
「人々に、武器でない力をもってほしい。武器ではなく歴史の真実をしる力でたたかうのです。
もうひとつのアメリカ史はそのためにつくりました。」by ピーターカズニック

この二人は私の希望となっています。

昨年の8月6日もオリバーストーンのこと、、かいてた!
http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/371315155.html
posted by 月麦 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

ガザのこと

000021.jpg

ガザのニュースに心をいためている方も多いと思います。
たくさんの人々、子供が日々犠牲になっています。

また、生活するのにいっぱいいっぱいで 遠い国のことは考えられず日々を送られている方も多いでしょう。
わたしも忙しくなるとすぐそうなってしまいます。

子供の血を流して泣きじゃくる顔、みたくありません。
親を殺されてつらい思いをしている子供の顔も。
でも、これが真実なのです。
大手メディアが顔なしに牛耳られている中、ほとんど真実を知るすべがなくなってきています。 
さて、そこで私たちは何をしたらいいのでしょう。
まず、知ることだと思います。

マレーシアの航空機撃墜のことも顔なしの計画だとわたしは思っています。
世界でなにか 黒い闇が動いている。日本にはほとんと伝わっていないこと。
( 顔なしについておもうこと→http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/400803285.html )

久しぶりにお友だち バック作家のもとこさんのブログを読んだら
わたしが思っていることとちかかったので引用させてもらいます↓

ここから↓

「「ガザの状況は日々深刻の度合いを増すばかり...
ジャーナリストの田中龍作さんが文字通り身体を張って取材しておられます。
「田中龍作ジャーナル」→http://tanakaryusaku.jp/

ウクライナ上空でのマレーシア航空機撃墜の真相といい、現在、日本で
信頼できる大手マスコミは皆無のいま、とても価値ある仕事をされてあります。


わたしたちにも出来ることはあります。
まずは自分で調べて、真実をみつめること。

そして、簡単にできる具体的な行動としての
「ボイコット」
→ http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11807316661.html

「スタバ」は紛れも無くイスラエルの資金源です。

だからといって、うちの街にあるお気に入りのスタバに罪はないじゃないか、
と思われるかもしれませんが、戦争を理解するうえで、お金の流れをきちんと
理解することは、基本中の基本です。

戦争とは、経済なのです。

あなたがスタバで毎朝飲んでる一杯のコーヒーが、
回り回って、ガザで爆弾の雨を降らせているのです。

Boycott ISRAEL」」』

ここまで↑

スタバには、ずっと行ってません。。(いや、一回打合せでいきました)
それは、ドキュメンタリー映画の
「おいしいコーヒーの真実」を観てから。→http://tsumugi-hana.seesaa.net/article/141152989.html
行くのが悪いとはおもわないのですが 
お金の流れを知ってしまうと 行けないところ、買えないものの多いこと。
知ってて行くのと、知らないで行くのは違うかなと思うので、
もとこさんのブログを紹介させていただきました。

もとこさんのブログ、他の記事もとてもいいです。もちろんカバンも、素敵なのでみてください。
cotomono note → http://cotomono.exblog.jp/


posted by 月麦 at 16:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

集団的自衛権と顔なし

0000302.jpg

先日、新宿にて一人の男性が
集団的自衛権のの閣議決定に反対して焼身自殺をはかりました。

ご存知でしたか?

海外のメディアでは大きく扱われていましたが
NHKでは全く報道されず。
小さく報道していたメディアもあったとか。

海外メディアは
「日本政府が集団的自衛権の行使容認を閣議決定することに抗議して」と報じてました。
ある海外メディアは
「平和憲法を変更して日本の軍隊の海外での軍事行動を可能にしようとしている安倍晋三首相に抗議して」と報じています。
このことを日本人はほとんどしらされていません。

「人の迷惑にならないところでしてほしい」なんていうコメンテーターもいたとききました。
それを聞いてとっても悲しくて・・ 苦しくなりました。

集団的自衛権 という言葉。
これは広くわかりやすく言えば 戦争に加担する(戦争をする)ということです。

どこかで攻撃に加担して、攻撃される大義名分与えてしまうということ。

自分の愛する人が戦争にいくかもしれない、
自分の子供が、子供の恋人がいくかもしれない、
知り合いが戦争にまきこまれるかもしれない、
知らない誰かがまきこまれるかもしれない、
人を殺めてしまうかもしれないということです。

この男性のやり方は間違っていたのかもしれませんが、
その人なりに、それほどまでに反対の意志を訴えたかった気持ちはわかります。
新宿に歩いている人のこの問題に対するあまりの無関心さに抵抗したのかもしれません。。。

きっとそう。
人々の無関心さ、それが怖かったのもあって・・あのような行動をとったのでしょう。
案の定、NHKは黙殺。
この国はこわい、と改めて思いました。

いや、、もう国の体をなしてない。
この国は顔なしのものだ、そう思います。
そういうわたしも動かされていた。
そのことにやっと気がつきました。

顔なしとは、顔がないひとたち。
世界を動かしているひとたちのことです。

戦争をおこしたいのです。
戦争はもうかりますから。
日本を攻撃したいのです。
攻撃できる大義名分がほしいのです。

顔なしによってずいぶん前からきっと計画され、
M党が政権をとり、M党はだめだと、J党が政権をとったとそう推測しています。
MはJの引き立て役を見事に演じきったということです。M=Jだったのだと今ではそう思う。

今の総理A氏の政権になったのもきっと計画的で、憲法をかえるためです。
そして、戦争をひきおこされようとしています。

メディアを使って。
そう、すでにメディアも顔なしのものになっていますよ。

NHKや他のメディアでしきりに中国の脅威や領土問題、北朝鮮のことばかり伝えていたのも
人の恐怖心をあおるためじゃないかと思っています。

A氏も動かされている、操られている一人にしか見えないです。

どうしたらいいか、わかりません。
でもいやなものはいやと言わないと。

「仕方がない」とはいいたくない。
わたしはこの言葉がだいきらいです。

昨日と今日、官邸前で集団的自衛権の反対抗議があっていました。
またまたNHKでは報道されていなかったようでしたが
テレ朝では報道されていたのでよかったら見てください。
13分です。
http://www.dailymotion.com/video/x20jwgw_housute-syuudantekijieikenkakugiketteizenya-kokkakoumuinnibonusshikyuu_news

あ、付け加えると、メディアで働かれている方はとてもがんばられていると思っています。
どんな会社の人びとだってそうです。

誰にはむかっているわけでもないのです。
顔がない人たちに・・・はむかいようが、ないのです。

でも
戦争にはnoといいたい、そう思うのでした。
posted by 月麦 at 22:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

6月、たばねてます。

0000071.jpg

6月、束ねています〜。
今日はわりと涼しいですね。
地がぬれて、植物も生き物も喜んでいるようです。
posted by 月麦 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(c) tsumugi all rights reserved.