つむぎ日記

2013年04月08日

種、蒔こう!

OOO_0246.jpg

先日、糸島で自然農を実践されている村上さんから、トマトやペッパーの種を少しわけていただきました。

ご自身の畑に合う作物、品種を・・畑と一体になり、見つけていこうとされている村上さん。

人の目線だけではなく、畑から、土、生き物の目線ももって
畑とともにいる、そんな村上さんの種。

ほんの少しの種ですが、
私にとっては値段のつけようのないくらい、貴重な種でもあり、
可能性を秘めた、すてきな一粒一粒です。

それぞれの畑でそれぞれの人が野菜つくりを楽しんで、
「あのひとの南瓜はおいしいね。種を少しわけてもらおう、
というコミュニティができればなあ・・」
と村上さんはおっしゃっていました。

いま、スーパーの野菜売り場では、経済にうまくのりやすい品種を多く見かけます。
そうなるのは、とてもよくわかるんですが・・
あまりにも在来種が軽んじられていないかって思うのです。
種ひとつぶひとつぶの価値が軽くなっている。。そう、私は危機感もっています。

週末の悪天候から一夜あけ、今日はいい天気。
種を蒔こう、と思います。

村上さんの思いが入っている種、
ほんの少しですが、つむぎでも12日(金曜日)に販売します。
他にも固定種、在来種のタネを販売しています。

わたしも、草や野菜、生き物、花・・・一体となるような畑をめざしたいな。


posted by 月麦 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

society

OOO_0006.jpg

サティシュ3つのS、
society(社会)

「人々も大切にしなければいけません。
現在、世界人口の6分の一、10億以上の人々が飢えに苦しんでいる。
なんとひどい社会経済システムを私たちはつくってしまったのでしょう。

世界は不正に満ちています。
飢える人々がいる一方で、食べ物を捨てているひとびとがいる。
世界中で40〜50%の食べ物が無駄にされています。
特に裕福であればあるほど、食べ物を無駄にしている。これが私たちの社会の仕組みなのです。
私たちが食べ物を無駄にする分、世界は飢える。
だから無駄のない、フェアで平等な、分配の社会システムが必要です
誰一人、飢えることのないように。。」

photo:大きく開いたチューリップ。いま、すてきにドライになっています。

 
posted by 月麦 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

soul

OOO_0004.jpg

サティシュのことばで 大事な3つのS.

その中のひとつ、soul(こころ)

「土を大切にすることは、自分を大切にすること。
自分を大切にできればこそ、幸せで、健やかで、しなやかな体と心と魂はあればこそ、地球を大切にすることもできるのです。
心を病み、不幸せで自殺を考えるような人がどうして他人を、家族やコミュニティを、地球を大切にできるでしょう。
自分が健やかで、幸せで、満ち足りていることも必要なのです。
だから自己実現と自己啓発は大切です。

詩、音楽、アート、工芸などの文化的活動、畑仕事、瞑想、ヨガ、、、どんな活動でもいい。
健やかで幸せな自分をつくるのです。
それが人々のため、地球のためなのです。」

photo:沈丁花。香りには特別癒されます。
posted by 月麦 at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

soil

OOO_0143.jpg

サティシュクマールさんのお話、すごくよかったです。
ときどきこの日記でも紹介したい。
今日は土についてのサティシュの話の一部をちょこっと紹介。。(一部省略しています)

「3つのS soil(土)、soul(心)、society(社会)
・・・土と心と社会は一体で、切り離すことはできません。

soil(土)とは、土、大地、環境やエコロジーのことです。
私たちは土から生まれ、土に還る存在です。
わたしたちの食べ物も、衣服も、土からきます。
つまり、soilは自然界全体を指す言葉なのです。

ならば、土を敬い、祝福しようではありませんか。
土が神聖だからこそ、いのちは神聖なのです。
土の上で働く農民、農耕そのものも神聖です。大地の畏敬なしに、この世の平和はありえない。
私たち人間には、土、地球、自然との平和が必要です。

ところが、今私たちは自然に戦争をしかけている。
大地を毒し、動物たちを狭いオリに押し込め、海の魚を乱獲し、川を汚染し、豊かな森を伐り倒している。
これは、まさに自然に対する戦争です。

必要なのは、自然界との和平。
だからこそ、まずソイル(土)なのです。」

サティシュの話、涙でます。
もっともっと土くさい花屋でいたいと思います。。

posted by 月麦 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

今日はすてきな人に会える!

img744.jpg
                 @juglans ailanthifolia

今日の夜は、サティシュクマールさんの講演会へいってきます〜!

ガンジーの言葉やイマジンの歌詞がやっと心の奥深く、届くようにはなった今日このごろ・・・

だけどやっぱり、今を生きる人の言葉を、生できいておきたい。
すてきな人、サティシュクマールさん。
http://www.slowmovement.jp/satish/profile.html

また報告しますね〜♡
posted by 月麦 at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

あれから2年。

FH010032.JPG

あれから2年が経ちました。
人それぞれに、それぞれの2年があったと思います。
2年前、花が突然モノクロームにみえました。。。
・・・あれから2年。
今もかみさまは、いろとりどりの花を、咲かせてくれています。
わたしたちを許してくれるかのように。
励ますかのように。
花を通して、大きなる愛と力を感じます。

「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」
(ホ オポノポノより)

たくさんの亡くなられたいのちに祈りを。
posted by 月麦 at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

ミモザのブーケ2

OOO_1119.jpg

ミモザとラナンキュラスのピンクで女の子らしく。
そこにいるだけでぱ〜っと明るくなるような、4、5歳のかわいい女の子。
ひなまつりのイメージもやっぱり春色の桃色とミモザ色。
posted by 月麦 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

dryのラナンキュラス

OOO_0981.jpg

ラナンキュラスをドライにしてみました。
すっごく小さくなりましたが、可愛さは、やっぱりラナンキュラスでした〜。
posted by 月麦 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

アスチルベ×シルバーレース

OOO_0880.jpg

アスチルベとシルバーレースだけで束ねたブーケ。
ウエディングの撮影用。
アンティークなドレスに合わせてつくりました。

お嫁さんがお花をもったところの写真は、また紹介しますね〜。
posted by 月麦 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

白くかすむ空

000026.jpg

今日は福岡市内、白くかすんでました。
いつもばかみたいに、空を眺めているのでよくわかります。

気になる中国の大気汚染のニュース映像3分21秒です↓
http://matome.naver.jp/odai/2135936540312489101

このニュースによると・・・今日、明日は気をつけたほうがよさそうです。

ところで、twitterのアカウントを新しくしました。
twitterでは、お花のことや日々の気になってるニュースやおすすめのお店など、
気ままに、日記感覚でつぶやきたいと、思っています。
主にお花のことをつぶやきたいです。(希望)
つむぎtwitter→https://twitter.com/tsumugigarden
posted by 月麦 at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | つむぎのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(c) tsumugi all rights reserved.